お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/04/12 0:32

壁面収納は部屋全体のバランスを考えて設置すべし

壁面収納を設置するときは、お片付けしたいものに合わせて決めることも大切ですが、その部屋のバランスを見ながら決めることも重要です。部屋に圧迫感をもたらしたり、雰囲気が部屋全体とマッチしていなかったりという事態を避けるためにも、最初にどういう部屋にしたいのかよく考えて、それぞれのパーツや外観を決めていきましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 小上りコーナープラン75 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel75 )

見せるタイプと隠すタイプを上手く組み合わせる

壁面収納は部屋の雰囲気を左右させるので、パーツを組み合わせるときに部屋がどのような印象になるのか考えて決める必要があります。一番気にしたいのが、見せるタイプと隠すタイプのパーツです。

ものが見えた状態、つまりむき出し状の棚が多ければ多いほど、部屋がごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。逆に隠すタイプである扉付きのパーツを増やすと、部屋が殺風景になり圧迫感も与えがちです。両方のパーツをバランスよく配置することで、それぞれのパーツのデメリットをうまくカバーすることができます。

テレビなど他に収納したいものを考慮しながらパーツを組み合わせなければなりませんが、その時にどこまで見せるのか、隠すのかを考えながら決めていきましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的リビングプラン51 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel51 )

場所が固定されるのでデザインも大切

壁面収納はその場所に固定されることになり、しかも壁の大部分を占めることも多いので、そのデザインを部屋の雰囲気に合わせたほうがいいでしょう。例えばカントリー調の部屋であれば、壁面収納もカントリー調のものにして、部屋の雰囲気を壊さないようにします。
もちろん、統一感なくバラバラでもいいという人は別ですが、できるだけいい雰囲気の部屋にしたいという人は、統一させたほうがいいでしょう。逆に壁面収納ひとつで、部屋の印象をガラリと変えることも可能です。

設置した後、自分で装飾したり扉を付け替えたり、塗り替えるという手もあります。しかし、はじめから部屋の雰囲気づくりを考慮して設置したほうが苦労せずに済みますね。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的収納プラン35 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel35 )

部屋に圧迫感をもたらさないためには

収納をより多くしたいからと、壁面収納を壁一面にしたり奥行きのあるタイプにしたりすると、狭い部屋に圧迫感をもたらすことがあります。圧迫感をもたらさないためには、どのくらいの奥行きのものがいいのか、プロの意見を聞いてから決めるようにしましょう。狭い部屋収納力を重視して大型の壁面収納にしたい人は、鏡面仕上げにするという方法もあります。鏡の効果で部屋が広く見えるので、圧迫感を軽減できます。

できるだけ壁と一体化させることで、壁面収納自体を目立たなくさせるという方法も使えます。白い壁にはその白い色に合わせた壁面収納を設置するといった方法です。取っ手や境目が目立たないものにすることで、壁面収納がまるで壁のように見えます。壁と一体化しているほうが圧迫感を感じるという場合は、扉を外してオープンにすることで、壁面収納の重量感をなくすこともできます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングカウンタープラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel10 )

壁面収納は最初の設置が需要です。カラーや使用するパーツ、形などを部屋に合わせてあげることで、違和感なく置くことができます。ただ、設置した後も外観やパーツの取り外しなど、ある程度変更は可能です。部屋の全体的な雰囲気を見ながら、最適な形にするようにしましょう。

関連おすすめ記事

ベンチが収納を兼ねる!?「家具×壁面収納」が便利でオシャレ

ちょっと腰かける場所が欲しいのに椅子を置く場所もない、棚を置いたら部屋が圧迫され窓も遮られてしまう、という狭くて不便な空間でも、ベンチ収納であればその問題を解決できます。棚型ではなく、ざっくり収納できるベンチ収納であれば、お片付けが苦手な人でも部屋をキレイに保つことが可能です。

お片付けレシピ編集部
  |  1063view
部屋の雰囲気を左右する「壁面収納の扉」

壁面収納は扉1つで部屋の雰囲気を全く違う空間に仕立て上げることができるはずです。全面に扉をつけるとミニマリスト並みのスッキリしたお部屋にすることができたり、カラーによっては部屋に高級感をもたらしたりと、扉によりもたらすことのできるいろいろな効果をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  619view
床が見える壁面収納ならお掃除も楽チン!

デッドスペースを有効活用し収納力をアップができることで、壁面収納家具が注目を集めています。しかし、壁面収納を設置したことで、収納スペースは確保できたはずなのに、かえって部屋が狭く感じるようになってしまったと悩んでいる人もいるようです。そこで今回は、お部屋をなるべく狭く見せない壁面収納をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  612view
部屋に合う壁面収納のサイズの選び方

最近では増えていく物をスッキリと収める方法として壁面収納を選ばれる方が多くなりました。 壁面収納が人気の理由は置きたい場所に合わせてサイズを選べることではないでしょうか。そこで今回は、お部屋に壁面収納を設置する時に、部屋に合う収納サイズの選び方についてご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  434view
壁を覆うことになる壁面収納…色を選ぶときのポイントは?

部屋に壁面収納を取り入れようと思った時、最も悩むことのひとつに「色を選ぶ」ということがあります。大量収納ができて便利な壁面収納ですが、背の高い家具だけに、圧迫感を与えることもあります。それをできるだけ抑えて居心地のよい部屋にするための色選びにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

お片付けレシピ編集部
  |  579view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント