お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

テレビ周りのコードのごちゃつきを壁面収納で一掃!

テレビにネット、パソコンに録画機器など、コードが必要な機器が増えれば増えるほど、その配線は絡まりやすくなります。絡まった状態だと掃除がしづらいので、そこにホコリがたまっていき、コンセント周りに発火リスクをもたらします。見た目も悪くなり、コードがむき出しの状態だといいことはありません。そんなコードをすっきりと収納できる壁面収納の使い方をご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル コーナーTVボードプラン55 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel55 )

自分で始末が難しい場合は壁面収納を使う

ごちゃごちゃとしがちなコードをすっきりとさせるためには、コードを集約させたり、隠したりすための道具が必要になってきます。例えばスパイラルチューブや、マスキングテープ、ケーブル収納ボックスに、ケーブルカバーなどです。
しかも、これらの道具を自分で考えながらコードに取り付けなければなりません。一度取り付けても、周辺機器が増えればまた束ねるところからやり直しになることもあります。

それが面倒だからと言って絡まったままにしておくと、どれがどのコードかわからなくなったり、掃除もしにくかったりと手間がかかります。自分で始末するのが無理な人は、壁面収納を利用してうまく隠しましょう。コードを穴に通すだけで、簡単に配線をお片付けできます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル SOHOプラン20 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel20 )

コンセントも収納棚に入れる

AV機器類が増えてくると困るのが、コードとそれをつなぐコンセントの始末です。電源を確保するために複数口のコンセントを使用するまではいいのですが、コードが絡まった状態で床に着けておくことが多いのではないでしょうか。壁面収納だと、コンセントを収納棚にしまうことができ、床にコードが散乱する事態を避けられます。
壁面収納のようにぴったりと壁に沿って設置される家具だと、壁のコンセント差込口が使用できないのではと心配するかもしれませんが、心配は無用です。ちゃんと使用できるよう、空間を設けて設置してもらえます。壁との間に配線スペースを設けてあるので、コードをつぶすことなく使用可能です。

また、コンセントが壁面収納にすでについているタイプもあります。マルチメディアコンセントや3口コンセントなど、種類も数もそろえてあるタイプにすれば、自分でコンセントをたくさん買い足す必要もなくなります。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングフローティングプラン54 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel54 )

壁面収納なら配線で悩まない

壁面収納でテレビ台も兼ねているタイプは、配線を考慮して作られています。テレビだけではありません。パソコンなど配線が必要な機器を置きやすくしてあるので、配線穴が十分用意されています。たとえ奥行きがあまりないタイプでも、コードをちゃんと隠せるようになっているので、まるで画面だけが埋め込まれているようにも見えます。
テレビ台だとどうしてもコードを壁際にはわせるために、横から見ると配線がみえがちです。そしてホコリもすぐについてしまいます。しかもテレビに接続して使う機器のコードも複数つなげなければならないので、テレビ台の横や後ろはコードが絡まりがちです。

壁面収納はブルーレイディスクを収納できる場所もついていて、それぞれ配線が通せるようになっているので、苦労してコードを束ねたり整理したりすることなく置くことができます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル コーナーTVボードプラン55 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel55 )

大建工業のシステム収納は、コンセントの位置や配線を考えて作られているので、コードを上手に隠すことができます。コンセントが家電のすぐそばにあるので、すぐに電源を抜き差しすることも可能です。配線カバーも各所につけられているので、コードを穴に通すだけで配線ルートを確保できます。

コードを隠すためのアイテムは確かに便利ですが、それを上手く使いこなすためには自分なりに工夫し、考えて使う必要が出てきます。それが難しいという人、すぐにまた絡まって掃除もできない状態になるという場合は、壁面収納を利用してみてください。自分で考えなくても、配線を通す場所が決まっているので、悩まずにコードを整理できます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル シアタープラン07 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel07 )

関連おすすめ記事


ゴチャゴチャしがちなモバイル系アイテムのコードをお片付け...

モバイル系のコードが絡まった状態で困っている人もいるかと思います。放置されがちなこの絡まったコードを解消するポイントは、固定することです。裏に這わせたり吊るしたりするなど、簡単キレイにコードを片付けられる方法をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1931view
ごちゃつくコンセント・コードを隠せるシステム収納

毎日きれいに部屋を掃除して、おしゃれなインテリアを揃えても、何故かしっくりこないのは部屋の隅でゴチャゴチャと絡まっているコードが原因。部屋にあふれる物を整理整頓するだけでなく、隠したいコンセントやコードまでも収納してしまうのがシステム収納です。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1895view
家電のコードへの配慮がなされている壁面収納は使いやすさ満点!

壁面収納によって生活用品が整理整頓されているモデルルームのような部屋には、誰しも一度は憧れるのではないでしょうか。しかし、せっかく壁面収納を設置したとしても、家電のコードがむき出しになっていて、絡まったコードにほこりがたまってしまったら、とてもモデルルームのようにはなりません。家電のコードは生活...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1306view
テレビ周りのコードを隠したい!ホコリも防げるスタイリッシ...

暮らしの空間作りで意外に大変な場所が、リビングのテレビ周りです。雑貨が散らかっていたり、コード類が乱雑になっていたりと、どうしても生活感が出てしまいがちなのではないでしょうか。 そんなテレビ周りをスッキリさせて、しかも大容量の収納スペースを確保できるのが、壁面収納システムです。賃貸だから無理なの...

お片付け収納レシピ編集部
  |  5367view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント