お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

家具が部屋を狭くしている…その問題、壁面収納が解決してくれるかも!

壁面収納が選ばれている理由に、部屋を広く使えるという利点があります。テレビ台や本棚、チェスト、カラーボックスなどそれぞれの家具を置くとなると、部屋が家具だけで占められてしまうことがあります。無駄な空間をなくす方法として、壁面収納が最適な解決方法である理由をお教えします。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ 間仕切りシェルフプラン21 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft21 )

部屋が狭いと感じるのは部屋に合わない家具が原因

内覧時点では充分な広さがあるような部屋でも、家具を配置したとたんに狭くなるのは当然のことですが、それで住み心地が悪いとなると問題です。特に前の家で使っていた家具を使いまわすとなると、サイズの合わない家具を使うことになり、置いても邪魔になってしまうことが往々にしてあります。
引越してすぐには無理でも、住み心地を良くしたいのであれば家具を新調するようにしましょう。慌てて買い直すとなると失敗することになるので、買い足したり処分したりするときは慎重に選ぶ必要があります。

もしサイズがちぐはぐな家具にしてしまうと、統一感が出ないどころか足をぶつけるなど、手狭になりがちです。場所をとる割には収納率が悪いなど、収納物に合わない家具にしてしまうとお片付けもうまくできないという問題が生じてきます。
家具を部屋や収納物に合わせて買うということは、よほどセンスがいい人か、それなりにコーディネートの知識がある人でなければ難しいので、よく相談して慎重に決めていきましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179007302 )

ひとつずつ家具を置くよりも壁面収納のほうが部屋を広くできる

家具が原因で今の部屋が手狭に感じ、住みづらい状態であれば、1つの家具だけを買い替えただけでは解決しない可能性があります。それぞれちぐはぐな家具を買っていると、結局すべて買い直してお部屋のコーディネートを一新する必要が出てくるからです。
家具のことに詳しく、またDIYなどが好きという人は少しずつ家具をそろえていくのもいいですが、それが難しいという人は壁面収納にするという手があります。壁面収納はテレビなどの家電製品、本、雑貨など多種類のものを収納できる家具です。
1つ1つの家具を置いていく必要がないので、大きな壁面収納を設置しても結果的に部屋が広くなります。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン01 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

ものを元に戻しやすくなり部屋が乱雑にならない

収納物が家具に合っていないと、出し入れがしづらくなり、結局ものを出しっぱなしするということがあります。チェストやカラーボックス、机の上にものが置きっぱなしになってしまうのは、収納箇所が少ないか、サイズが合っていないのが原因かもれません。家具の上にものをおくのならまだしも、床に直置きしてどんどん部屋がもので埋まっていくという事態にもなりかねません。

壁面収納であれば、壁が収納できる場所となるので、どの場所にものを戻すのか判断するのが簡単になり、お片付けもしやすくなります。とりあえず置いておくということなく、お片付けできるようになるので、部屋の端が常に物であふれている、家具の上にものが積み重なっていくということがなくなります。その結果、部屋がきれいに保て、部屋の広さも保つことにもつながります。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビング床座プラン52 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel52 )

大建工業の「ミセル リビングカウンタープラン」は、大型テレビを置くことができる収納家具です。前面のカラーは光沢のあるホワイトで、取っ手が見えないタイプなので壁との一体感を出し、部屋に解放感をもたらします。周辺機器も収納可能でコードも見えないように配線できるので、リビングのテレビ周りをスッキリと見せることが可能です。

家具が出っ張っていてよくぶつける、そんなに大きな家具は置いていないのに部屋が狭く感じる人は、その家具をまとめて変えることで部屋を広くすることができます。1つ1つ揃えるのはプロのコーディネーターの助けが必要であり、さらに部屋に統一感をもたらすとなると全ての家具を買い直す必要も出てきます。そこまですることが難しい人は、壁面収納を利用して一気に解決するのがおすすめです。


イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングカウンタープラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel10 )

関連おすすめ記事

「広い部屋に見える壁面収納」と、狭く見せないための工夫

家の中のデッドスペースを有効活用する壁面収納ですが、部屋を狭く見せてしまってはもったいないですよね。狭い部屋をなるべく広く見せたいと悩まれている方も多いでしょう。 部屋を狭く見せない壁面収納にする方法、部屋が広く見える壁面収納の作り方をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2773view
部屋に合う壁面収納のサイズの選び方

最近では増えていく物をスッキリと収める方法として壁面収納を選ばれる方が多くなりました。 壁面収納が人気の理由は置きたい場所に合わせてサイズを選べることではないでしょうか。そこで今回は、お部屋に壁面収納を設置する時に、部屋に合う収納サイズの選び方についてご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1816view
壁面収納は縦方向に伸びていて「部屋の広がり」を演出できる!

お部屋に収納スペースを増やしたいと思い、置き型タイプの家具を購入してしまうのは、あまりおすすめできません。家具によって床面積が取られてしまい、今よりもお部屋が狭くなってしまうからです。お部屋の広がりを演出できるような壁面収納をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1633view
壁を覆うことになる壁面収納…色を選ぶときのポイントは?

部屋に壁面収納を取り入れようと思った時、最も悩むことのひとつに「色を選ぶ」ということがあります。大量収納ができて便利な壁面収納ですが、背の高い家具だけに、圧迫感を与えることもあります。それをできるだけ抑えて居心地のよい部屋にするための色選びにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2270view
置き家具と壁面収納の長所を比較してみましょう

置き家具と壁面収納を比較する時、その長所をよく見るようにしましょう。長所が分かれば、自分にその家具が向いているかどうかが分かります。合わない家具を購入して後悔したあげく、もう一度購入し直すということがないように、長所を比較してみてください。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1398view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント