お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/03/08 0:00

壁面収納がきれいな部屋を演出してくれる理由は「高さが揃うから」

1282view|2018.03.08

壁面収納を活用すると、高さが揃うことで綺麗な部屋を演出することができます。また、使い勝手のいい高さを選ぶことができるので、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめです。
収納が足りないからと、置型家具を増やしてしまうと、どうしても部屋が狭くなってしまいます。さらに、遊びに夢中になっている小さな子どもが、家具にぶつかってけがをしてしまったり、大人でも物につまずいたりしてしまう可能性が考えられるのです。
部屋が狭くならず、みんなが安全に生活することができる、そんな収納方法があるので、ご紹介いたします。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビング床座プラン52 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel52 )

「収納スペース」を確保するには?

家に少しでも増やしたいのが「収納スペース」でしょう。小さなお子さんがいるご家庭では、成長するにつれ物が増える一方です。幼稚園生の頃はブロックやぬいぐるみなど、かさばるものが多く、小学生になると、プリントや図画工作で作った作品に文房具や本などが増えていきます。
一方で、小さなお子さんに限らず、大人でも生活をするうちに、物が増えていくのは当然のことです。インテリアとして購入した観葉植物やおしゃれな家具が、かえって部屋を狭くしてしまうこともあるのです。
そこでおすすめしたいのが今人気の壁面収納です。壁面収納を利用する事によって確実に収納量が増え整理整頓できますし、お部屋の物を一か所に集めることですっきりと片付くので、一石二鳥な収納方法といえるでしょう。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ 間仕切りシェルフプラン21 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft21 )

収納の基本とは?

きれいに見えるお部屋づくりの基本をみてみましょう。
・家具の高さを揃えて、奥行きや色調も揃える。
・家具を一つの場所にまとめ、床が見える面積を出来るだけ増やす。
・今あるものだけではなく、これから増えていくモノを予想して余裕を持って収納する。

このすべてに当てはまるのが壁面収納です。収納力はもちろんのこと、「見せる収納」と「隠す収納」を上手に使いわけながら、高さや幅や色など自分好みの部屋づくりが可能になります。壁面収納の可能性は、アイデア次第で無限大に広がっていきます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローボードプラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft10 )

子ども目線ではどう?

お子さんのいるご家庭では「壁面収納だと何かの拍子にぶつかったりして倒れたり、上段から物が落ちてこないか心配…」という心配が多くあがっています。
お子さんにとって、壁面収納の安全性はどうなのでしょうか。たとえば、お子さんの目線で作られた高さだと「自分で出したモノを自分でなおす」と言うお片付けの習慣が自然と身につくのではないでしょうか。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 間仕切プラン63 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel63 )

大建工業の「フィットシェルフ ローシェルフプラン」は背面の壁の部分にしっかりと固定されているので、少々のことでは倒れません。安心して使っていただけます。
この「フィットシェルフ ローシェルフプラン」は高さを抑えており、ちょうどお子さんの目線の高さくらいになりますので躾にも役立ちます。

今回はご紹介した壁面収納は、子ども部屋でもリビングでも、どのお部屋でも活用することができます。スッキリときれいな部屋で生活すると、毎日が楽しくなりませんか?
収納でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

関連おすすめ記事

壁面収納は縦方向に伸びていて「部屋の広がり」を演出できる!

お部屋に収納スペースを増やしたいと思い、置き型タイプの家具を購入してしまうのは、あまりおすすめできません。家具によって床面積が取られてしまい、今よりもお部屋が狭くなってしまうからです。お部屋の広がりを演出できるような壁面収納をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  1051view
安全性が高いシステム収納は子供部屋との相性抜群!

居間や台所など物がたまりやすい場所はありますが、子ども部屋も成長するにともない、おもちゃや勉強道具などがたまって散らかりやすいという家庭は多いです。システム収納は安全性が高く、子ども部屋とも相性がよいので、お片付けの苦手なお子さんにおすすめできます。

お片付けレシピ編集部
  |  1326view
家具が部屋を狭くしている…その問題、壁面収納が解決してくれ...

壁面収納が選ばれている理由に、部屋を広く使えるという利点があります。テレビ台や本棚、チェスト、カラーボックスなどそれぞれの家具を置くとなると、部屋が家具だけで占められてしまうことがあります。無駄な空間をなくす方法として、壁面収納が最適な解決方法である理由をお教えします。

お片付けレシピ編集部
  |  1741view
収納家具で生まれるデッドスペースが狭い部屋に見せてしまう原因

部屋のお片付けをする際、収納家具を部屋に配置してみると、物は整理されているのに、部屋が狭くなってしまうという問題があります。これは、天井と家具とに隙間ができ、デッドスペースができていることに関係しています。収納力があり、お部屋もすっきり見える収納方法の一つとして、壁面収納があります。カラーボック...

お片付けレシピ編集部
  |  1726view
壁面収納「フィットシェルフ」は部屋にピッタリ合わせられる

中々部屋が片付かない、物が多すぎて困っている方は、収納場所が少ない傾向にあります。壁面収納を活用する事で身の回りの物をスッキリと整頓でき、見た目にも機能面にも住みやすい部屋作りができます。 収納スペースが生まれると部屋の掃除をする気もアップする事でしょう。

お片付けレシピ編集部
  |  961view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント