お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/03/07 0:00

床に触れていない棚(壁面収納)ならお掃除がとにかく楽々!

物が増えて収納場所に困ってしまう…そんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
「オシャレに収納したい!」「狭い部屋をスッキリと見せたい!」「物が多くて掃除が大変」など、皆さんの悩みは様々です。
そこで限られたスペースの中でスッキリと、オシャレに見える方法をご紹介したいと思います。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングフローティングプラン54 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel54 )

狭い部屋を広く見せる方法

限られたスペース有効に使いたい方におススメなのが壁面収納です。
壁面収納は床から天井までの空間を利用しますので、置き型の家具のようにスペースをあまり使いません。

壁全体だと圧迫感があるのでは…と心配な方は下の部分を空間にして上の部分だけに壁面収納家具を取り付けると言う方法もあり、これだと家具が床に触れないので掃除がとても楽になります。
収納力はもちろんのこと可愛くディスプレイする事によってインテリアにもなり、自分好みの部屋づくりが出来ます。例えば外国のインテリア雑誌に出てくるようなオシャレで素敵な部屋に大変身する事も可能です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングフローティングプラン54 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel54 )

「見せる収納」と「隠す収納」

壁面収納をオシャレに見せるポイントは「見せる収納」と「隠す収納」のメリハリをつける事です。
隠す収納ばかリになると少し味気ない感じがしますし、見せる収納ばかりになると常に整理整頓していないといけませんのでこれも大変です。
一部を飾り棚にしてお気に入りの物やコレクションなどを飾るように収納すると楽しく収納できると思いますし、バランスよく配置する事でオシャレな感じに仕上がります。
上手に収納するコツは「出しやすく、しまいやすく収納する事でお片付けも楽になる」事です。そのために重ねる、立てる、仕切る、掛けるの4つの方法をうまく利用するのがおススメです。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル コーナーTVボードプラン55 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel55 )

壁面収納の活用法

壁面収納はアイデア次第でいろいろな活用方法があります。
たとえば壁の真ん中から上の部分に壁面収納家具を取り付けると、床上のところにスペースが出来ますので部屋も広く見えて掃除も簡単に出来ます。
その他には壁面収納の半分に収納棚を取り付けるとデスクになります。椅子を置き、左右に引き出しを付ければ書類や文具なども収納でき、パソコンやプリンターや本などを置いて仕事をしたり勉強したりできるワークスペースになります。
デスクと収納を一体化する事によって圧迫感がなくなりコンパクトに収まるようになりスッキリと見えるのではないでしょうか。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル SOHOプラン20 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel20 )

床面を見せる事によってスッキリとした印象を与え、空いたスペースにはペットのゲージを置いたりして有効活用できますし、家具を宙に浮かせるように見せる事で、置き型家具には出来ない個性的なデザインになります。いかがでしたでしょうか?床に触れていない壁面収納を取り入れることで、毎日のお掃除がとても楽になります。限られたスペースを有効活用できる壁面収納は、収納アイテムとしてだけではなく素敵なインテリアとしても大活躍してくれます。
自分のお部屋の雰囲気と用途にあった壁面収納を探してみましょう。

関連おすすめ記事

棚が動くだけでレイアウトも掃除も楽々!あなどれないキャス...

理想的な片づけの基本は、取り出しやすく、仕舞いやすいということです。どんなにきちんと片づけても、いったん取り出したら、仕舞うのが面倒になってしまうような収納方法なら、ついつい出しっぱなしになってしまうことも多くなってしまいます。 そこで活躍するのがキャスター付の収納や家具です。重たい家具でも、...

お片付けレシピ編集部
  |  557view
SHINPEIのトッププロのお片付け講座_アイテム数が多いキッチ...

どんな部屋でも場所を問わずに使用できるスチールラックは万能のお片付け棚と言えます。お部屋の雰囲気やインテリアの邪魔をしないシンプルなデザインでお片付けや掃除のしやすいスッキリ部屋になります。

SHINPEI
  |  3137view
システム収納をつけるなら、お片付けしたいスペース選びが大事!

システム収納をつけることを計画するとき、どのスペースに必要なのかを考えることは大事なことです。生活をしていて、棚があったら良いなと思う場所、モノが散らかりやすい場所、片付けたいと思う場所はどこでしょうか。ピックアップして見ていきましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  765view
片付いているのに部屋がスッキリしない…その理由は見える床の...

家の中はすべて片付けられているのに、なぜかお部屋がすっきりとしてみえない。そんなお悩みをもっている方もいるかもしれません。その理由として、実は見える床の面積が関係しています。今回は、部屋をスッキリとみせる方法をご紹介していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  718view
意外と見落としがちな事実!収納家具が増えれば掃除する場所...

お家はいつもきれいな状態に保つというのが理想です。そのために、こまめなお掃除は欠かせません。もしお部屋に机しかなければ、掃除する場所は床と机だけです。しかし、色々な家具が増えると掃除する場所も増えてしまいます。そういった時には、どのようにすると掃除がしやすくなるのでしょうか。

お片付けレシピ編集部
  |  473view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント