お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/02/23 0:00

ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト可能なものが便利

1353view|2018.02.23

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合もあります。さて、ダイニングはどのような収納で乗り切ることができるでしょうか。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル ダイニングセパレートプラン67 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel67 )

扉のある壁面収納という選択

しまいたいもの全部を一掃してしまえるのが扉のある壁面収納の良い点です。壁一面を収納にしてしまえば、多くのものをお片付けできます。しかし、この壁面収納の難点は割高な完全オーダーでないと、案外使い勝手が悪いものもあります。本や小物くらいの収納であれば問題ないのですが、他にも収納したいものがある場合はそれに沿ったデザインを探すのは困難です。また、飾りたいものがあっても、全面に扉のある壁面収納では別に収納を用意しなければならなくなり、壁面収納があってもうまく活用できないケースもあります。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル ダイニングトールプラン13 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel13 )

ワイヤーシェルフという選択

ワイヤーシェルフは見せる収納が好きな方におすすめです。ワイヤーシェルフであれば、棚の高さの調節が可能で、丈夫なので重い荷物なども収納できます。飾りたいもののサイズに合わせてレイアウトするとよいでしょう。また、いくつか揃えても、おなじワイヤーシェルフであれば統一感も出るので、すっきりとした部屋を演出することが可能です。メリットがたくさんあるワイヤーシェルフですが、スチール製なので、やや冷たい印象を与えます。無骨な雰囲気がおしゃれでもあるのですが、暖かなフレンチシックなどを目指している部屋には向かないかもしれません。その場合ワイヤーシェルフの前をカーテンで覆ってしまうなどの工夫が必要でしょう。

イメージ

出典元: ルミナス プレミアム ワイヤーラック/5段 ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_1192/ )

いっそ手作りで収納棚を作る

手作りというとハードルが高いように感じますが、今はDIYショップでカットしてもらえるので、サイズさえ間違えなければ簡単に作れる棚もあります。板の素材やペンキでのカラーリングなど自由度も高いので、時間に余裕のある方におすすめです。注意点としては板の強度です。あまり安くて薄い板だと重いものに耐えられなかったりします。強度のある合板などをおすすめします。あらかじめカラーリングもされているので手軽にチャレンジできます。また、背後からも補強しておくといいでしょう。それをしておかないと、ちょっとしたことで棚が壊れてしまいます。リビングのシェルフが手作りだと言えば来客との会話も盛り上がります。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179009977 )

大建工業の「フットシェルフ ダイニングシェルフプラン」の良いところは、棚の横の長さが150mm間隔で動かせる点です。飾るものの大きさに合わせて棚をレイアウトできます。また、柱と棚だけのシンプルデザインで部屋の壁紙が見えるので、圧迫感がそれほどありません。木目調も北欧風からミッドセンチュリーなど様々なインテリアと合います。カラーボックス用の収納ボックスが入るので、見せたくないものはそこにお片付けすればいいかもしれません。

ダイニングシェルフは、見せたいものと見せたくないものが上手に収納できるタイプが便利です。まずはインテリアショップを覗いたり、ネットで検索したりして、どういう雰囲気にしたいのかイメージをはっきりさせておくといいかもしれません。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ダイニングシェルフプラン02 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft02 )

関連おすすめ記事

細かくサイズ調整できる壁面収納ならレイアウトはうまくいく!

壁面収納は壁を有効的に使うことにより、収納力をアップして部屋をお片付けすることができます。メーカーにもよりますが、壁面収納の容量やレイアウトはある程度決まっていて、自分の好みのレイアウトがしにくいという場合が多いようです。ですが、サイズ調整のできるシェルフタイプの壁面収納も存在します。今回は、そ...

お片付けレシピ編集部
  |  1044view
部屋を有効に使うための壁面収納の両面使用アイデア

壁面収納というと壁にピッタリとくっつけた収納というイメージですが、実は部屋の仕切りとしても利用することができる収納です。部屋の壁の延長上に両面使用できる壁面収納を使えば、部屋のレイアウトの幅も広がります。今回は壁面収納の両面使用アイデアについてお話していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  2327view
部屋の角を「奥行」として活用する技ありの壁面収納

部屋の角はレイアウトによってはデッドスペースとなってしまうことがあります。お片付けが得意な人ならこのデッドスペースも収納スペースとして活用しています。壁面収納と角のデッドスペースを合わせれば、収納スペースも増え散らかっている部屋もすっきりさせることができるはずです。今回はこの部屋の角のスペースの...

お片付けレシピ編集部
  |  2117view
押入の収納で困らないために知っておきたい、7つの基本ルール...

押入を使いにくいと感じたことはありませんか。押入が使いやすく収納がすごく楽になる7つの基本ルールがあります。シンプルに大きく空間を分けるようにレイアウトを考えるコツを知って押入を上手に活用しましょう。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  618view
レイアウトの可能性は無限大!商品の賢い選び方~収納棚編~

クローゼットの整理はなかなか大変なものです。衣類の他に靴や帽子、バッグ、ブーツなどといったアイテムをきれいに仕舞おうとすると、やはり既製の家具よりもオーダーメイドの方が便利です。高いお金をかけずに整理できる商品の選び方について考えてみました。

お片付けレシピ編集部
  |  3132view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント