お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2018/02/08 0:00

その場しのぎの収納グッズは物が増えたら買い足す、の悪循環に陥りがち

725view|0clip | 2018/02/08 0:00 投稿者 お片付けレシピ編集部

生活していく間にものは増えていきます。物が増えれば、そのたびに収納グッズを買い足してしまいがちです。収納グッズが増えていくと、何がどこにあるのかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。また、場所を取って部屋が狭くなったりもします。そんなとき、場所を取ることなくどこに何があるのかわかりやすい、見せる収納をしてみてはいかがでしょうか。 

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ 間仕切りシェルフプラン21 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft21 )

有孔ボードを使って見せる収納

見せる収納としておすすめなのが有孔(ゆうこう)ボードを使った壁面収納です。
有孔ボードとは、等間隔に穴が空いている板のことです。その穴にフックを引っ掛ければ、様々な小物や道具が収納できます。フックにもハンガータイプなど金具の形が豊富にありますし、つっぱり棒や結束バンドと一緒に使うことで、より収納の幅が広がります。さらに、かごや棚をプラスすることで、さらに使い勝手がよくなります。ちなみに、有孔ボードは、ホームセンターや100円ショップで簡単に手に入れることができます。

イメージ

家のどんな場所にも使える

有孔ボードを使うと、例えば、台所の壁には、フライパン、計量スプーン、ボールなど、よく使う調理グッズを収納することができます。勉強机の前の壁には、セロテープ、付箋、メモ帳などの文房具類を収納することが可能です。プライベートルームの壁だと、アクセサリー、眼鏡、バッグ、帽子などのファッション雑貨を収納するのに役立ちます。リビングの壁には、写真、絵画やポスター、人形などの飾り物を見せながら収納できます。何も決まりなどないので、自由な発想で楽しみながら片付けができるのではないでしょうか。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179009942 )

壁面収納のメリット

今までに、ハサミなどの小物が見つからず、何十分も家の中を探し回った、という経験はありませんか?壁面収納は、一目みて何がどこにあるのかがすぐにわかります。必要な物を引き出しや収納ケースの中から探すこともなく、すぐに見つけられるので便利です。しまうよりも目に見える場所に出しておく収納は、毎日のストレスを和らげてくれることにもなります。そして、壁面を使うことにより、収納用品が少しでも減れば、家の中がスッキリします。押し入れに入らない収納用品が増えると、床に並べたり積み重ねたりして、部屋は見苦しくなる一方です。そうならないためにも、場所を取らずにすむ壁面収納は画期的な方法だといえるでしょう。また、部屋の模様替えにもなって一石二鳥です。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローボードプラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft10 )

壁面収納に使用する有孔ボードは、場所を取らない、必要な物がすぐに見つかる優秀な収納アイテムです。簡単に取り付けができるのはもちろん、抜群の収納力を発揮しながら、おしゃれなインテリアとして活用することができます。ぜひ、この有孔ボードをお片付けの道具として活用してみてください。
また、リビングやキッチン、寝室と場所を問わず導入できる壁面収納を検討してみるのもいいのではないでしょうか。収納スペースとして壁面を有効活用すると、お部屋は見違えるようにスッキリするに違いありません。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的収納プラン35 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel35 )

機能的かつ自分好みの「見せる魅せる」壁面収納はこちらをチェック!

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

片付けは高さを使いこなす物が制する!積み重ね可能なケース... NEW!

ご自宅の収納スペースには限りがあるので、入りきらなかった物がお部屋に溢れ出すと、それらをどのように片付ければ良いのか悩んでしまいます。 床面積を多くとってしまう収納方法ですと、お部屋が狭くなってしまいます。新たな収納スペースを作る時は高さを意識してください。今回は、ケースやカゴを使用して高さのあ...

お片付けレシピ編集部
  |  44view
ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト... NEW!

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合...

お片付けレシピ編集部
  |  25view
洗濯機の上の空間は、お片付け実践時には最強のオススメスペ... NEW!

ご自宅の洗濯機の上の空間はどのように活用していますか? 洗濯機の上にランドリーバスケットを置いているだけのご家庭も多いかもしれません。バスケットの上にはまだまだ有効に使える空間があります。洗濯機の上の空間は、片付けの際には強い味方となるので、ぜひ有効活用してみてください。 今回は洗濯機上の空間の...

お片付けレシピ編集部
  |  160view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

壁面収納のイメージを覆す!お部屋を圧迫しないロースタイル... NEW!

壁面収納家具が機能的で注目されていますが、ロースタイルの家具もまた注目されています。ロースタイルの家具は高さが低いため、部屋を圧迫しないという点が人気の秘訣です。 今回は、部屋を圧迫しないロースタイルの家具にはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  144view
一大事を避けるための収納家具の耐震対策

日本は現在まで自然災害による大きな被害にあってきました。そのため地震などの自然災害に備えるよう各自治体を通して、呼びかけがなされています。その一つが家具の耐震対策です。耐震対策をしておくことで、地震で家具の下敷きになって怪我をしてしまうことや、命を失うという危険を回避することができます。今回は収...

お片付けレシピ編集部
  |  205view
壁面収納は穴を開けなくても設置できるって知ってました?

限られた空間を有効活用し、部屋を整理したい方は多いと思います。その一つの方法として壁面収納にしたいと思っても、壁に穴を開けたくないという理由であきらめている方もいるのではないでしょうか。そんな方のために壁に穴を開けず、壁を傷つけることのない壁面収納の設置方法をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  566view
安けりゃいいってもんじゃない!プチプラでもOK収納・ハズレ...

毎日のお片付けは、手間がかかって大変なものです。色々とものがたっぷり入る大型収納を買って、一気に片付けられたら簡単ですが、置く場所がない、そんなにお金をかけたくない、という人も多いでしょう。そんなときは、ホームセンターや100円ショップなどで、プチプラなのにおしゃれな収納グッズを探してみるのも賢い選...

お片付けレシピ編集部
  |  1048view
素敵な収納コーナー

キッチンの食器棚の横の空間。お掃除道具などを収納できる物置がほしい。でも中々気に入った家具もないし・・・。家具屋さんで見つけたパーテーションを利用して作り付けの収納にしました。まるでおうちがもう一軒出来たよう。見た目も楽しい収納コーナーです。カーテンを開ければ扉を開けずに必要なものが取り出せます。

コニーさん (小西多香子)
  |  848view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント