お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/01/29 0:00

収納家具で生まれるデッドスペースが狭い部屋に見せてしまう原因

部屋のお片付けをする際、収納家具を部屋に配置してみると、物は整理されているのに、部屋が狭くなってしまうという問題があります。これは、天井と家具とに隙間ができ、デッドスペースができていることに関係しています。収納力があり、お部屋もすっきり見える収納方法の一つとして、壁面収納があります。カラーボックスを組み合わせた、誰でも簡単に壁面に収納家具を設置できるアイデアをご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ 間仕切りシェルフプラン21 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft21 )

なぜ狭い部屋に見えてしまうのか

家具は本来、奥行き、高さ、色を揃えると、部屋をすっきり見せることができます。これは、人が家具を見下ろしている状態の方が、圧迫感がないためです。収納家具の場合、高さがあるため、見下ろされているような圧迫感を抱きやすくなります。また、部屋に配置してある収納家具の大きさがバラバラであることも同様に、高さがある分、それぞれの家具に見下ろされている状態になるので、見た目にも狭い印象を与えるのです。
壁面収納は、壁一面分を収納スペースとして確保するため、高い収納力があります。空間を無駄なく有効活用でき、見た目にも作り付けの家具のような部屋との一体感が生まれ、無駄な空間がなく、すっきり見えます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン01 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

カラーボックスでできる壁面収納の作り方

カラーボックスで壁面に棚を作る場合、まず同じ種類のカラーボックスを、壁のサイズに収まるように組み合わせます。二段から三段のカラーボックスを好みに合わせて組み合わせていくのがおすすめです。
部屋の壁一面に固定する場合は、組み合わせてから立てる方法と、直接壁に取り付けながら組み立てる方法があります。カラーボックスをうつぶせにして、縦方向に角材を寝かせてネジで固定します。最後に上部の高さが同じになるように角材で連結し、ネジで留めます。直接壁に取り付けながら組み立てる場合は、その都度、直接L字金具でカラーボックスや壁と固定して組み立てていきます。

イメージ

アレンジを加えて目隠し効果を高め統一感のある印象に

収納物の雑多さが気になる場合は、組みあがった状態で、目隠しになるカーテンなどを取り付けるのも良いです。他にも、カラーボックスを組み合わせる際、扉が付いているタイプのものを選ぶと、目隠しされてすっきりとした印象になります。目線の高さにだけ、目隠しのないタイプを選んで組み合わせると、圧迫感を軽減させることができます。あえて、扉の付いているものと、付いていないものとを、ランダムに組み合わせることで、お洒落な印象の家具に仕上がります。

部屋をすっきり見せるために、収納スペースを確保することは大切ですが、空間をうまく活かせなければ、部屋が狭く見え、かえって窮屈な部屋になってしまいます。カラーボックスなどを賢く利用することで、空間を有効活用した収納にチャレンジしてみてください。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングカウンタープラン ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel10 )

関連おすすめ記事

コーナラックを活用してデットスペースを無駄なく使う方法!

デッドスペースを有効に活用する最適なアイテムの1つに、コーナーラックがあります。 コーナーラックをうまく使用し、無駄なく、少しでも広く快適にお部屋を使用したいですね。 今回は、コーナーラックを使用して、デッドスペースを無駄なく使う方法をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  454view
お片付けのために活用したい「部屋のデッドスペース」を探そう!

お部屋のお片付けをしても、もう片付ける場所がない!とお嘆きの方。実は探せば収納する場所があるかもしれません。空間を立体的に考えると、意外にまだまだデッドスペースはあるものです。ぜひ、そんなスペースを活用して、すっきり空間を実現しましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  535view
必要な壁面収納と不必要な壁面収納の違いは?

壁面収納はユニットやパーツの選び方次第でいろんな形に組み合わせできる、とても便利な収納家具です。サイズも豊富でどんなところにでも取り付けることができることも魅力でしょう。しかし場合によっては「ここに壁面収納は必要なの?」と言う所に設置してしまっているケースもあるようです。そこで今回は、必要な壁面...

お片付けレシピ編集部
  |  73view
壁面収納を設置するリフォームの準備は何をすれば良い? NEW!

すっきり整理された部屋にするために大活躍する壁面収納。家中の空いているスペースを利用することができる、人気の収納方法です。 便利な壁面収納を設置するためのリフォームをする際、どのような準備をしておけば良いのでしょうか?

お片付けレシピ編集部
  |  48view
壁面収納は縦方向に伸びていて「部屋の広がり」を演出できる! NEW!

お部屋に収納スペースを増やしたいと思い、置き型タイプの家具を購入してしまうのは、あまりおすすめできません。家具によって床面積が取られてしまい、今よりもお部屋が狭くなってしまうからです。お部屋の広がりを演出できるような壁面収納をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  34view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント