お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/01/29 0:00

収納家具で生まれるデッドスペースが狭い部屋に見せてしまう原因

1726view|2018.01.29

部屋のお片付けをする際、収納家具を部屋に配置してみると、物は整理されているのに、部屋が狭くなってしまうという問題があります。これは、天井と家具とに隙間ができ、デッドスペースができていることに関係しています。収納力があり、お部屋もすっきり見える収納方法の一つとして、壁面収納があります。カラーボックスを組み合わせた、誰でも簡単に壁面に収納家具を設置できるアイデアをご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ 間仕切りシェルフプラン21 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft21 )

なぜ狭い部屋に見えてしまうのか

家具は本来、奥行き、高さ、色を揃えると、部屋をすっきり見せることができます。これは、人が家具を見下ろしている状態の方が、圧迫感がないためです。収納家具の場合、高さがあるため、見下ろされているような圧迫感を抱きやすくなります。また、部屋に配置してある収納家具の大きさがバラバラであることも同様に、高さがある分、それぞれの家具に見下ろされている状態になるので、見た目にも狭い印象を与えるのです。
壁面収納は、壁一面分を収納スペースとして確保するため、高い収納力があります。空間を無駄なく有効活用でき、見た目にも作り付けの家具のような部屋との一体感が生まれ、無駄な空間がなく、すっきり見えます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン01 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

カラーボックスでできる壁面収納の作り方

カラーボックスで壁面に棚を作る場合、まず同じ種類のカラーボックスを、壁のサイズに収まるように組み合わせます。二段から三段のカラーボックスを好みに合わせて組み合わせていくのがおすすめです。
部屋の壁一面に固定する場合は、組み合わせてから立てる方法と、直接壁に取り付けながら組み立てる方法があります。カラーボックスをうつぶせにして、縦方向に角材を寝かせてネジで固定します。最後に上部の高さが同じになるように角材で連結し、ネジで留めます。直接壁に取り付けながら組み立てる場合は、その都度、直接L字金具でカラーボックスや壁と固定して組み立てていきます。

イメージ

アレンジを加えて目隠し効果を高め統一感のある印象に

収納物の雑多さが気になる場合は、組みあがった状態で、目隠しになるカーテンなどを取り付けるのも良いです。他にも、カラーボックスを組み合わせる際、扉が付いているタイプのものを選ぶと、目隠しされてすっきりとした印象になります。目線の高さにだけ、目隠しのないタイプを選んで組み合わせると、圧迫感を軽減させることができます。あえて、扉の付いているものと、付いていないものとを、ランダムに組み合わせることで、お洒落な印象の家具に仕上がります。

部屋をすっきり見せるために、収納スペースを確保することは大切ですが、空間をうまく活かせなければ、部屋が狭く見え、かえって窮屈な部屋になってしまいます。カラーボックスなどを賢く利用することで、空間を有効活用した収納にチャレンジしてみてください。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングカウンタープラン ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel10 )

関連おすすめ記事

「カラーボックス=無骨」の時代は終わり!おしゃれなカラー...

カラーボックスは2段、3段の仕切りがあるただの無骨な箱だと思われてはいませんか?実はボックスにはたくさんの素敵な使い方があります。おしゃれにみえるアイテムと組み合わせてみると、お部屋が素敵な雰囲気になります。今回はボックスを使ってお部屋をスッキリとお片付けできる方法をご紹介いたします。

お片付けレシピ編集部
  |  2945view
アイデア次第で用途無限!お片付けに革命を起こすカラーボッ...

2,000円以下の安価で買えて、シンプルな作りのカラーボックスですが、そのまま置くと、どうしてもチープなイメージになってしまうような気がして、ショップなどで素通りする人も多いかもしれません。 しかし、アイデア次第でオシャレに便利に使用できる実例があります!

お片付けレシピ編集部
  |  2331view
床が見える壁面収納ならお掃除も楽チン!

デッドスペースを有効活用し収納力をアップができることで、壁面収納家具が注目を集めています。しかし、壁面収納を設置したことで、収納スペースは確保できたはずなのに、かえって部屋が狭く感じるようになってしまったと悩んでいる人もいるようです。そこで今回は、お部屋をなるべく狭く見せない壁面収納をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  1429view
部屋の角を「奥行」として活用する技ありの壁面収納

部屋の角はレイアウトによってはデッドスペースとなってしまうことがあります。お片付けが得意な人ならこのデッドスペースも収納スペースとして活用しています。壁面収納と角のデッドスペースを合わせれば、収納スペースも増え散らかっている部屋もすっきりさせることができるはずです。今回はこの部屋の角のスペースの...

お片付けレシピ編集部
  |  2118view
壁面収納に「小物」を収めれば部屋がスッキリします!

お片付けをきちんとしたはずなのに、いつの間にか散らかってしまう、というストレスを感じることはありませんか? 物がたくさんあると必要な時に探す手間がかかってイライラしてしまうこともあるでしょう。そこで今回おすすめしたいのが壁面収納です。壁面収納に小物を収めれば、見た目もスッキリして機能的に利用で...

お片付けレシピ編集部
  |  1253view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント