お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

子ども部屋に壁面収納を取り付けるメリット

子ども部屋は、子どもの成長とともに役割が変わっていきます。その年代に合わせたレイアウトが必要となってきます。
でも、年齢が上がるごとにリフォームするのは大変。そんなときに便利なのが、壁面収納です。子ども部屋に壁面収納を置くメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

子どもが小さいうちは一部屋で

小さいうちは個室のいらなかった子どもも、大きくなると、集中して勉強するためや、友達を招いて部屋で遊んだりするためなどに、人数分の部屋を確保してあげることも必要になってきます。しかし、さらに成長すると、巣立っていってしまうのも子どもです。
そうなると、部屋がいくつもあるよりは、広い部屋が1つあるほうが使い勝手がよいこともあります。このとき、部屋を2つに区切るために便利なのが、壁面収納です。
新築時に、ドアを2つ取り付けた広い部屋を作り、真ん中で区切れるようにしておくと、そこに壁面収納を置くだけで、2人分の部屋を作ることができます。子どもが巣立ってしまったら、それを取り除くと、また広い部屋に戻すこともできます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 間仕切プラン63 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel63 )

壁面収納なら撤去しやすく、再利用できる

広い部屋を仕切って複数の子ども部屋を作るとき、リフォーム工事で壁やアコーディオンカーテンなどを作ってしまうと、また広い部屋に戻したいとき、撤去するのが大変になります。
撤去するためにまたリフォーム工事を行わなければならなくなってしまうので、さらに費用がかかります。
壁面収納なら、自分たちで移動するだけで仕切りをなくすことができます。また、仕切りとしての役目を終えた壁面収納は、今度は壁際に移動させて、再び大量収納として役立ちます。
子ども部屋の仕切りとして、これほど便利でリーズナブルな方法はないといえるでしょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 間仕切プラン63 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel63 )

おもちゃ棚から本棚まで

壁面収納といえば、大量収納が魅力の1つです。そして、子ども部屋には、子どもの成長過程によって、様々なものがあふれてしまいます。
まだ小さなころは、おもちゃやぬいぐるみなど、学校に行くようになると、本やノート類も増えていきます。年代によって違ってくる子どもの持ち物を、様々に収納できるのが、大量収納を可能にする壁面収納です。
もちろん、ただ置いておくだけでは、子どもは自分では片づけられません。年齢に応じて、どこになにを収納するのか、親子で考えて、子どもがお片付けしやすいように収納方法を変えていくのも、子ども部屋が散らからないポイントです。
年齢ごとに親子で収納方法を考え、片付ける練習をしていくことで、成長した子どもが、自分で部屋の収納方法を考え、きちんと片づけられるようになります。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

子ども部屋に壁面収納を置くメリットは様々なものがありますが、圧迫感があって、部屋が狭く感じることがあったり、ついなんでも入れてしまって、中がぐちゃぐちゃになりやすいこともあったりなど、デメリットもあります。
それだけ部屋に与える影響が大きいのが壁面収納ですが、工夫次第で便利に使えて、すっきり片付けることができます。


関連おすすめ記事

壁面収納は部屋にマッチするデザインものを選びましょう!

家のなかに物は溢れていても収納スペースは限られていて物が片付かないことに悩まれている方は多いですよね。そのようなとき家中のデッドスペースを収納場所に変えられるのが壁面収納です。 便利な壁面収納を収納としての役割だけでなく家中のおしゃれな空間作りに活用できる方法をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2246view
スペース節約!壁面収納に一体化したデスク

収納のスペースがないと途方に暮れてしまっている方もいるのではないでしょうか。ダイニングや寝室、キッチンはまだいいものの、仕事部屋や子ども部屋など、物があふれかえっている部屋のお片付けは大変です。そんな時に活用したい、デスクと一体型の壁面収納などをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  3714view
テレビ周りのコードを隠したい!ホコリも防げるスタイリッシ...

暮らしの空間作りで意外に大変な場所が、リビングのテレビ周りです。雑貨が散らかっていたり、コード類が乱雑になっていたりと、どうしても生活感が出てしまいがちなのではないでしょうか。 そんなテレビ周りをスッキリさせて、しかも大容量の収納スペースを確保できるのが、壁面収納システムです。賃貸だから無理なの...

お片付け収納レシピ編集部
  |  4509view
壁面収納がきれいな部屋を演出してくれる理由は「高さが揃う...

壁面収納を活用すると、高さが揃うことで綺麗な部屋を演出することができます。また、使い勝手のいい高さを選ぶことができるので、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめです。 収納が足りないからと、置型家具を増やしてしまうと、どうしても部屋が狭くなってしまいます。さらに、遊びに夢中になっている小さな子ど...

お片付け収納レシピ編集部
  |  2182view
部屋を有効に使うための壁面収納の両面使用アイデア

壁面収納というと壁にピッタリとくっつけた収納というイメージですが、実は部屋の仕切りとしても利用することができる収納です。部屋の壁の延長上に両面使用できる壁面収納を使えば、部屋のレイアウトの幅も広がります。今回は壁面収納の両面使用アイデアについてお話していきます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  4683view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント