お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2017/12/22 0:00

狭いのは理由にならない!スペース不足でも片付けを成功させるコツ

片付かないお部屋を眺めて「狭いから仕方ない」とあきらめていませんか?
片付かない理由の一つに収納が足りない、という点を挙げることができるかもしれません。さらに、お部屋のスペースも不足している場合、新たに収納するための棚やボックスを設置するのも難しいかもしれません。それでも、お部屋をすっきり片付いた状態にすることは可能です!
そのコツを説明します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038020531 )

今ある収納の中を整理する

お片付けをするために絶対に欠かせないのが、不要なものを処分することです。ここから始めなければ先の収納にも進めません。思い切って物を減らしてはどうでしょうか。また、乱雑に入れていた物を整理して収納しなおしてみると、スペースに余裕が出てき、意外と他のものが収納できるようになる場合もあります。整理するときは、是非ボックスや仕切りなどを利用して、中がごちゃごちゃになるのを防ぎましょう。そして、よく使用するものを手前にしまうようにします。引き出しやクローゼットの中を整理するときに当てはまる点ですが、上の方や下の方は使用する頻度の低いものを、目線の高さには使用頻度の高いものをしまうと、出し入れしやすく片付けやすい環境に整えることができます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10236000237 )

デッドスペースを活用する

デッドスペースとは無駄な空間のことです。例えば、冷蔵庫とシンクの間、洗面台と洗濯機の間のスペースなどです。その間に収まる隙間収納を設置すれば、収納スペースを増やすことができます。最近は作業台として使用できるようになっている隙間収納も多く、収納だけでなく作業スペースも増やすことができ、まさに一石二鳥です。様々な幅の隙間収納を選ぶことができるので、クローゼットや押し入れの中の隙間にも利用できますし、キャスター付きのものが多いので出し入れもしやすく便利です。他にもデッドスペースとなりやすいのが、クローゼットや押し入れの壁です。フックなどを取り付けて帽子かけにしたり、ネクタイやベルトを収納したり、重宝なスペースとすることもできます。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit FTS-4 スリムストレージ ファイントールストッカー ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/kitchen/fts-4.html )

壁や家具の側面を利用する

収納を新しく置くスペースがない場合は、壁にちょっとした棚を取り付けることができます。キッチンに取り付けた場合は調味料を置いたり、ボウルやお鍋などの調理器具を置いたりするスペースにできます。洗面所の壁に取り付けて、タオル置きや石鹸やシャンプーなどのストック置き場などにできるでしょう。また、よく使う物をちょっと置くスペースが欲しいと思う場合は、マグネット付きの収納を冷蔵庫の側面や洗濯機の側面に取り付ける方法がおすすめです。タオル掛け付きのものや仕切りのあるタイプのものもあり、機能性にも優れています。お料理レシピの切抜きを収納したり、ラップやホイルなどを収納したりと、アイデア次第でとても使い勝手のよい空間を作ることができます。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit Mag-On 8034 マグネットストレージ(ロング) ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/kitchen/mag-on-8034.html )

吉川国工業所の「Mag‐On マグネットストレージ(ロング)は、マグネット付きのバスケットタイプ収納です。仕切りは取り外し可能なので、収納するもののサイズに合わせて仕切ることが可能です。シンプルでスマートなデザインなので、同じサイズのものを上下や横に並べて使用してもうるさくならず、すっきりとした収納を可能にしてくれます。

狭くてもすっきり片付いたお部屋にする方法について取り上げてみました。一番重要なことは不要な物を減らすことです。そして整理整頓してみてください。空いた空間を収納スペースにすることがきます。また、デッドスペースや壁なども上手に利用すれば収納は増やせます。新たな収納を購入する前にぜひ試してみてください。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit Mag-On 8034 マグネットストレージ(ロング) ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/kitchen/mag-on-8034.html )

関連おすすめ記事

壁面収納で「場所を取っていた邪魔なもの」を一掃できる!?

お部屋はキレイに整理整頓できているでしょうか。片付け方が分からない、収納スペースが足りないとお片付けをあきらめてしまっているという人もいるかもしれません。そこで今回は、スッキリ片付いたお部屋で快適に過ごしたい方におすすめの、壁面収納についてご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1571view
「備え付けの収納スペース」細長い形状のクローゼットの使い...

お家によっては「備え付けの収納スペース」が用意されている場合がありますが、中には特殊な形状をしていることも。今回は、"幅が狭く奥行きがある細長い形状"のクローゼットの使い方について、ご相談をいただきましたのでご紹介します。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  689view
片付いているのに部屋がスッキリしない…その理由は見える床の...

家の中はすべて片付けられているのに、なぜかお部屋がすっきりとしてみえない。そんなお悩みをもっている方もいるかもしれません。その理由として、実は見える床の面積が関係しています。今回は、部屋をスッキリとみせる方法をご紹介していきます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2371view
角度を気にせずに取り付け&物干し可能!収納効果◎のハンガー...

洋服などがかけられたハンガーを収納するのに、ハンガーポールを使用している人は多いと思います。今回ご紹介する商品は、長さや角度、取り外しなどが自由自在にできるという画期的なアイテムです。お部屋のちょっとしたスペースを最大限に活用して、収納場所を増やしたいとお考えの方にぜひおすすめしたいアイテムです。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2146view
わずかなスペースも見逃さない!使い勝手が抜群なクローゼッ...

ご自宅のクローゼットを綺麗に整理整頓するのに、苦労されている方もいると思います。 毎日忙しいので、洗濯した服・脱いだ服をとりあえずクローゼットの中に入れるのが精一杯で、気づいたら服の山が出来ていた! 開けた途端に服の雪崩が起きてしまった! なんて事を経験された人も少なくないでしょう。 毎日出...

お片付け収納レシピ編集部
  |  2960view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント