お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/11/14 3:58

棚で収納拡大&お部屋の雰囲気向上!目的別の色の選び方

612view|0clip | 2017/11/14 3:58 投稿者 お片付けレシピ編集部

スペースを有効に活用した収納棚には、壁に埋め込むタイプやベンチタイプなど様々なものがあります。ベンチタイプはリビングダイニングのミニ仕切りとしても使えますし、おもちゃや雑多な小物を整理する目的にもぴったりです。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 小上りコーナープラン75 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel75 )

ベンチタイプ家具の選び方

ベンチタイプの家具は高さも390mm前後と低いので、棚と違ってリビングに置いても圧迫感がないというメリットがあります。しかも様々なカラーバリエーションがありますので、ポイントとなる、明るい色を選べばお部屋のイメージチェンジにも役立って一石二鳥です。定番カラーは白あるいはベーシックベージュなどですが、お部屋の壁が全体的に白過ぎるようであれば、ダークな色彩の木材、たとえばローズウッドを使用したものを選択するなども、一つの選び方です。最近は上部に畳を配したおしゃれなデザインも出てきており、どれにするか迷ってしまいそうです。ベンチと言っても皮張りなどになっていて、一見ソファのような商品もあります。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 小上りベンチプラン76 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel76 )

ベンチタイプは目的によって組み合わせる

ベンチタイプになっている収納家具は、比較的楽に移動できるというメリットがありますので、生活シーンの変化に合わせて使い方も変えていくことができます。一つだけをI字型に配列してもいいですし、2つの家具をL字型にして置き、角にTVを置けば、今までとは違ったリビングの使い方が出来るかもしれません。スツールも内部に物を入れられるタイプのものが多く市販されていますので、同じデザインで、ベンチとスツール数個を組み合わせても便利です。これだけ物を入れる場所が増えれば、お片付けが苦手な人でも楽にリビングを整理することが出来ます。ベンチ型でさらに引き出しが付いている商品もあります。これなら中の物を出し入れするのに、上部の蓋をわざわざ持ち上げる必要もありません。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 小上りベンチプラン76 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel76 )

リビングを最大限に活用する

スペースに余りがある一軒家に住んでいるのなら、あまり収納の問題に頭を悩ませなくても済みますが、狭いマンション暮らしとなると、ちょっとした隙間も最大限に活用したくなりますね。そんな時に役立つのが壁全体に物を入れられる埋め込み型の棚です。
壁から400mm程度の厚さの棚なら場所も取りませんし、防音にも役立ちます。白っぽい色を選べば、逆に部屋が大きくなったように感じられるのもメリットです。色の選び方は風水を参考にしてもいいですね。家具を置く場所の選び方も風水で研究するといいですよ。壁埋め込み型の棚とベンチを合わせれば、家がかなり片付きます。気分を浮き立たせたい時はオレンジがかった色味の木材もおすすめです。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングカウンタープラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel10 )

DAIKENのミセル 小上がりベンチプラン PLAN76はベンチ型の家具です。畳ベンチとモダンな素材が融合しているこの家具ならリビングや居間もすっきり。畳部分はカラフルな6色から選べます。

家具というと木材そのままのカラー、あるいは白が定番ですが、最近はカラフルな品揃えの物もかなり増えてきています。個性的なカラーを選べば、家自体もその人の個性があふれる特別な空間になります。長い時間を過ごす自分の家ですから、インテリアにも懲りたいところですね。

スペース有効活用!お部屋を広く使える収納はこちらをチェック!

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

片付けは高さを使いこなす物が制する!積み重ね可能なケース... NEW!

ご自宅の収納スペースには限りがあるので、入りきらなかった物がお部屋に溢れ出すと、それらをどのように片付ければ良いのか悩んでしまいます。 床面積を多くとってしまう収納方法ですと、お部屋が狭くなってしまいます。新たな収納スペースを作る時は高さを意識してください。今回は、ケースやカゴを使用して高さのあ...

お片付けレシピ編集部
  |  42view
ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト... NEW!

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合...

お片付けレシピ編集部
  |  25view
洗濯機の上の空間は、お片付け実践時には最強のオススメスペ... NEW!

ご自宅の洗濯機の上の空間はどのように活用していますか? 洗濯機の上にランドリーバスケットを置いているだけのご家庭も多いかもしれません。バスケットの上にはまだまだ有効に使える空間があります。洗濯機の上の空間は、片付けの際には強い味方となるので、ぜひ有効活用してみてください。 今回は洗濯機上の空間の...

お片付けレシピ編集部
  |  159view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

色鮮やかなケースやおもちゃ箱を用意して楽しくお片付け!

子供が部屋中をおもちゃでいっぱいにして、元気に遊んでいる姿を見るのは、楽しいものです。しかし、遊んだ後のお片付けのことを考えると、憂鬱な気分になるのも確かです。 子供も楽しくお片付けできるためには、ちょっとした工夫が大切です。

お片付けレシピ編集部
  |  170view
レイアウトの可能性は無限大!商品の賢い選び方~収納棚編~

クローゼットの整理はなかなか大変なものです。衣類の他に靴や帽子、バッグ、ブーツなどといったアイテムをきれいに仕舞おうとすると、やはり既製の家具よりもオーダーメイドの方が便利です。高いお金をかけずに整理できる商品の選び方について考えてみました。

お片付けレシピ編集部
  |  1499view
幅を気にせず設置できるフロートタイプの玄関収納棚がとって...

玄関はその家の顔とも言える部分。いつも綺麗に整理整頓して、訪れる人を温かく迎えたいものですね。しかし、狭いマンションでは玄関周りをすっきりと保つのは至難の技です。ここでは玄関を有効に使える収納棚について見ていきましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  581view
快適な書斎はたっぷり収納できる本棚と広々としたデスクスペ...

書斎は家の中でも最も片付かない部屋のひとつにあげられます。たくさんある本で溢れかえっている方もいるかもしれません。書斎は自分だけの城で、誰も踏み込んでこないという気持ちが心の奥にあるといった理由からです。しかし、煩雑な部屋で仕事をしても効率が低下したり気分が乗らなくなったりします。快適な書斎はど...

お片付けレシピ編集部
  |  106view
サイズは自由自在!人気の伸縮させられるラックを使って収納!

お片付けで一番困ることの1つに、季節ごとに仕舞っておくものが変わる場所があります。 布団や衣類を収納する押し入れや、靴を仕舞っておくシューズボックスなどは、出し入れも頻繁で、季節によって、よく使う物や中身も変わってくるので、いつもすっきり片付けておくのは至難のわざです。そんなときに便利で、人気が...

お片付けレシピ編集部
  |  228view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント