お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/11/13 0:00

壁面収納は色選びが肝心!部屋の雰囲気を変えつつ、キレイにお片付けしましょう

353view|0clip | 2017/11/13 0:00 投稿者 お片付けレシピ編集部

お片付けが苦手で、いつも何かしら部屋が散らかっているけれど、上手な収納方法がわからないという悩みを持っている女性は多いものです。そんな場合は思い切って壁面を収納スペースにしてしまいましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル シアタープラン 07 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel07 )

壁を有効活用する

家の中の壁というのは、よく見ると意外と活用されていないものです。TVを置いて下にビデオ・DVDを保管する家具を置いたとしても、上部のスペースがまったく活用されていないということはよくあります。壁面全体にすっぽり収まるような家具を設置すれば、部屋のお片付けが、かなり楽になることは間違いありません。TVの位置も壁のセンターにこだわらず、コーナーに置けばまた家の雰囲気が、がらっと変わってきます。上部は本棚として使うのもいいですし、扉を付けてしまえばいつも片付けきれない、細々とした道具などもすっきりと収められますので重宝です。また、最下段は引き出しにしておくと、ちょっと重いものでも収められるので便利です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル コーナーTVボードプラン 55 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel55 )

色はインテリアの大切な要素

インテリアというと家具の機能やサイズばかり考えがちですが、実は色も非常に大切な要素のひとつです。今まで真っ白だった部屋に温かみのある木材の家具を設置すれば、イメージは急に変わるものです。色は私たちの気分を浮き立たせてくれたり、明るくしてくれたり、非常に大きな役割を果たします。そのため、上手に使えば今まで何となく殺風景だった部屋も居心地のいい、たくさんの人が集まる空間に早変わりします。部屋にあまり陽が当たらず、ちょっと暗い雰囲気の部屋なら逆に白色を基調にした家具で壁を覆ってしまうのもいいですね。自分の好きな色をアクセントカラーとして、ポイント的に配置してみるのも楽しいです。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン 1 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

予算次第で自由自在に組める家具がおすすめ

壁面全体に家具を配置するといってもそれほど高くない予算で自由な組み合わせができる家具がいろいろなメーカーから出ています。カタログをもらって比較検討するのも楽しいですね。棚や扉に何色かのカラーを取り揃えているシリーズもありますので、カラーバリエーションを加えたコーディネートをすると、部屋が簡単におしゃれな空間に変身します。
予算を立てる場合には基本となる床置きユニットの他に、引き出し本体やコーナーTVボード、片開扉などといった付属品も含めて総計を出すといいですね。カウンターの長さなどは壁の幅にぴったり合わせるために特注することも可能です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビング床座プラン 52 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel52 )

DAIKENのミセル コーナーTVボードプラン PLAN55は落ち着いたダークカラーを基調に、白色をアクセントにした、おしゃれでカジュアルな収納スペースです。この家具を配置することによって、お部屋の雰囲気が、がらっと変わります。

2色使いの家具も、どんな家にでも馴染みやすいというメリットがありますので、家具選びをする時はぜひ検討してみられるといいでしょう。実際に家の写真に家具の写真を貼り付けてみると、わかりやすいイメージが得られますよ。

シーンごとのシステム収納のお悩みは、こちらをチェック!

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

片付けは高さを使いこなす物が制する!積み重ね可能なケース... NEW!

ご自宅の収納スペースには限りがあるので、入りきらなかった物がお部屋に溢れ出すと、それらをどのように片付ければ良いのか悩んでしまいます。 床面積を多くとってしまう収納方法ですと、お部屋が狭くなってしまいます。新たな収納スペースを作る時は高さを意識してください。今回は、ケースやカゴを使用して高さのあ...

お片付けレシピ編集部
  |  42view
ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト... NEW!

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合...

お片付けレシピ編集部
  |  25view
洗濯機の上の空間は、お片付け実践時には最強のオススメスペ... NEW!

ご自宅の洗濯機の上の空間はどのように活用していますか? 洗濯機の上にランドリーバスケットを置いているだけのご家庭も多いかもしれません。バスケットの上にはまだまだ有効に使える空間があります。洗濯機の上の空間は、片付けの際には強い味方となるので、ぜひ有効活用してみてください。 今回は洗濯機上の空間の...

お片付けレシピ編集部
  |  159view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

壁面収納のイメージを覆す!お部屋を圧迫しないロースタイル... NEW!

壁面収納家具が機能的で注目されていますが、ロースタイルの家具もまた注目されています。ロースタイルの家具は高さが低いため、部屋を圧迫しないという点が人気の秘訣です。 今回は、部屋を圧迫しないロースタイルの家具にはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  143view
ぶつかっても倒れない!子ども目線の安心で選ぶなら壁面収納

子ども部屋のインテリアに頭を悩ませている方も少なくないはずです。成長するにしたがい、子どもの好みも出てきますし、デスクなどの高さも変わってきます。そのため、一時しのぎで家具や収納を選んでしまいがちです。しかし子どものうちからお片付けの習慣をつけさせるためにも、吟味して選ぶことが大切なポイントにな...

お片付けレシピ編集部
  |  228view
壁面収納は穴を開けなくても設置できるって知ってました?

限られた空間を有効活用し、部屋を整理したい方は多いと思います。その一つの方法として壁面収納にしたいと思っても、壁に穴を開けたくないという理由であきらめている方もいるのではないでしょうか。そんな方のために壁に穴を開けず、壁を傷つけることのない壁面収納の設置方法をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  566view
壁面収納で「おもちゃが散らからない子ども部屋」になる!

近頃話題になっているのが、壁面収納で、お部屋の雰囲気を断然にスッキリとさせてくれる優れものです。リビングやベッドルーム、子ども部屋などの収納のため、購入している人が増えています。今回は、子ども部屋に壁面収納を購入した人が、どのようにおもちゃが散らからないように収納させることができるかをご紹介して...

お片付けレシピ編集部
  |  605view
部屋に壁面収納を取り付けるのにかかる期間は?

みなさんは、壁面収納と聞いてどのようなものかピンときますか? 文字通り、お部屋の中の壁面を有効活用した造り付けタイプの収納のことです。 多くの場合、お部屋の中の一番大きな壁面部分の、床から天井まで全ての空間を隙間なく有効的に活用したスタイルの収納です。そんな、壁面収納をするにあたっての流れや実際...

お片付けレシピ編集部
  |  247view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント