お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2017/11/13 0:00

壁面収納は色選びが肝心!部屋の雰囲気を変えつつ、キレイにお片付けしましょう

お片付けが苦手で、いつも何かしら部屋が散らかっているけれど、上手な収納方法がわからないという悩みを持っている女性は多いものです。そんな場合は思い切って壁面を収納スペースにしてしまいましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル シアタープラン 07 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel07 )

壁を有効活用する

家の中の壁というのは、よく見ると意外と活用されていないものです。TVを置いて下にビデオ・DVDを保管する家具を置いたとしても、上部のスペースがまったく活用されていないということはよくあります。壁面全体にすっぽり収まるような家具を設置すれば、部屋のお片付けが、かなり楽になることは間違いありません。TVの位置も壁のセンターにこだわらず、コーナーに置けばまた家の雰囲気が、がらっと変わってきます。上部は本棚として使うのもいいですし、扉を付けてしまえばいつも片付けきれない、細々とした道具などもすっきりと収められますので重宝です。また、最下段は引き出しにしておくと、ちょっと重いものでも収められるので便利です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル コーナーTVボードプラン 55 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel55 )

色はインテリアの大切な要素

インテリアというと家具の機能やサイズばかり考えがちですが、実は色も非常に大切な要素のひとつです。今まで真っ白だった部屋に温かみのある木材の家具を設置すれば、イメージは急に変わるものです。色は私たちの気分を浮き立たせてくれたり、明るくしてくれたり、非常に大きな役割を果たします。そのため、上手に使えば今まで何となく殺風景だった部屋も居心地のいい、たくさんの人が集まる空間に早変わりします。部屋にあまり陽が当たらず、ちょっと暗い雰囲気の部屋なら逆に白色を基調にした家具で壁を覆ってしまうのもいいですね。自分の好きな色をアクセントカラーとして、ポイント的に配置してみるのも楽しいです。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン 1 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

予算次第で自由自在に組める家具がおすすめ

壁面全体に家具を配置するといってもそれほど高くない予算で自由な組み合わせができる家具がいろいろなメーカーから出ています。カタログをもらって比較検討するのも楽しいですね。棚や扉に何色かのカラーを取り揃えているシリーズもありますので、カラーバリエーションを加えたコーディネートをすると、部屋が簡単におしゃれな空間に変身します。
予算を立てる場合には基本となる床置きユニットの他に、引き出し本体やコーナーTVボード、片開扉などといった付属品も含めて総計を出すといいですね。カウンターの長さなどは壁の幅にぴったり合わせるために特注することも可能です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビング床座プラン 52 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel52 )

DAIKENのミセル コーナーTVボードプラン PLAN55は落ち着いたダークカラーを基調に、白色をアクセントにした、おしゃれでカジュアルな収納スペースです。この家具を配置することによって、お部屋の雰囲気が、がらっと変わります。

2色使いの家具も、どんな家にでも馴染みやすいというメリットがありますので、家具選びをする時はぜひ検討してみられるといいでしょう。実際に家の写真に家具の写真を貼り付けてみると、わかりやすいイメージが得られますよ。

関連おすすめ記事

壁面収納の扉の上手な使い方

沢山の物を収納することができる壁面収納。オシャレ雑貨を並べれば、見せる収納としてインテリアにもなり、扉をつけて生活感のある物を隠すこともできます。扉の使い方によって、部屋の雰囲気がガラリと変わる壁面収納。壁面収納の上手な扉の使い方をまとめてみました。

お片付けレシピ編集部
  |  455view
部屋の角を「奥行」として活用する技ありの壁面収納

部屋の角はレイアウトによってはデッドスペースとなってしまうことがあります。お片付けが得意な人ならこのデッドスペースも収納スペースとして活用しています。壁面収納と角のデッドスペースを合わせれば、収納スペースも増え散らかっている部屋もすっきりさせることができるはずです。今回はこの部屋の角のスペースの...

お片付けレシピ編集部
  |  1250view
お片付けボックスの色選びは、部屋の雰囲気を左右するので慎...

お部屋のお片付けにとても役に立つアイテムにお片付けボックスがあります。お片付けボックスを使用して収納に役立てている方も多いのではないでしょうか?最近は、色や材質も様々でおしゃれなお片付けボックスも多いので、ポイント色やインテリアの1つとして使用することもできます。しかし選ぶ色によってはお部屋の雰囲...

お片付けレシピ編集部
  |  778view
壁を覆うことになる壁面収納…色を選ぶときのポイントは?

部屋に壁面収納を取り入れようと思った時、最も悩むことのひとつに「色を選ぶ」ということがあります。大量収納ができて便利な壁面収納ですが、背の高い家具だけに、圧迫感を与えることもあります。それをできるだけ抑えて居心地のよい部屋にするための色選びにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

お片付けレシピ編集部
  |  579view
壁面収納は部屋全体のバランスを考えて設置すべし

壁面収納を設置するときは、お片付けしたいものに合わせて決めることも大切ですが、その部屋のバランスを見ながら決めることも重要です。部屋に圧迫感をもたらしたり、雰囲気が部屋全体とマッチしていなかったりという事態を避けるためにも、最初にどういう部屋にしたいのかよく考えて、それぞれのパーツや外観を決めて...

お片付けレシピ編集部
  |  651view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント