お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/11/09 2:07

DIYでやらかす前に…プロに施工してもらう壁収納の良さをチェック!

253view|0clip | 2017/11/09 2:07 投稿者 お片付けレシピ編集部

クローゼットや押入れだけでは、家の中のものを仕舞い切れず、「もっと保管スペースがあればいいのに…」と思っている方も多いのではないでしょうか?
「壁収納」はそんなお片付けの悩みを解決してくれる強い味方です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的リビングプラン51 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel51 )

そのメリット

家の中に壁面はたくさんあります。見落としがちですが、それらは物を収めるための、絶好の空間になります。ある意味、デッドスペース(有効活用されていない空間)と言えるでしょう。壁面家具のメリットは、その容量の大きさです。
例えば、最大で、床から天井までの高さをほぼ使うこともできるわけですから、かなりの容量になることはお分かりいただけるでしょう。そういったスペースを利用すれば、家の中の物をかなり仕舞うことができます。
片付けられずに床に置いてある物や、まとまりのない家具のせいで、なんとなく雑然としている部屋も、壁面家具によって、スッキリ整然とした場所に変身させることが可能です。また、置き家具では見つからないような、オシャレなものを作ることで、憧れの部屋を実現させることもできるでしょう。

イメージ

出典元: DAIKEN 収納ボード ( https://www.daiken.jp/product/detail/storage/18100272.html )

DIYで壁収納?

DIYが得意な人なら、自分で作ろうと考えるかもしれません。DIYで取り組むなら、まずは、壁の種類や構造をきちんと調べることが重要です。コンクリート・木製・石膏ボードなどの材質チェックに加え、下地の工法も確認しておく必要があります。壁をノックしてみて、その音によって、材質を調べることもできます。詰まったような、響かない音だとコンクリートの可能性が高く、「コンコン」と内側に響くような音であれば、石膏ボードの可能性が高くなります。ただし、これはあくまで「可能性」であるため、ご自身の判断やDIY自体に不安がある場合は、最初からプロに施工をお願いする方が賢明です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179010581 )

施工を任せる

プロの職人に施工をしてもらう方が、当然ながら、仕上がりも見映えも優れたものが作れます。自分の希望を伝えながら、業者の提案も参考にし、大きさ・利便性・周りの家具とのバランス・センス・好みなど、さまざまな条件を満たした、自分の家にピッタリのものを完成させることができるでしょう。オリジナリティあふれる、唯一無二のものが出来上がれば、慈しみながら一生大切に使っていけます。
自分の手で作ろうと思えば、手間暇もかかりますし、時間も労力も使います。しかも、出来栄えが気に入らなかったり、失敗したりしてしまうと、簡単に取り外せないものだけに、後々ずっと後悔することになりかねません。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179010629 )

大建工業の「壁収納」は、個性的なデザインと、たっぷり物が仕舞えるスペースがあり、魅せる壁面家具が実現できます。

満足のできるものを手に入れたいのであれば、プロに施工をお任せすることをおすすめします。その場合は、業者とじっくりと納得のいくまで話し合うことが大切です。理想のものを手に入れて、快適でスッキリとした暮らしを始めませんか。

イメージ

出典元: DAIKEN 壁厚収納 カベピタ ( https://www.daiken.jp/product/detail/storage/18100273.html )

理想の壁収納を手に入れよう!是非こちらをチェック!!

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

ただの棒だとあなどるなかれ!つっぱり棒を活用したお手軽お... NEW!

突っぱり棒は壁の端っこと端っこをつないで、カーテンをつけるものとお考えではありませんか?突っぱり棒はカーテンレールとしてだけではなく、アイデア次第で、お片付けアイテムとして、たくさんの活用法があります。そして、突っぱり棒は手軽に手にはいりますので、利用する価値ありです。ここでは、いくつかのお片付...

お片付けレシピ編集部
  |  86view
デザイン性抜群の「家具としてのシステム収納」で部屋のお片... NEW!

デザイン性抜群の「家具としてのシステム収納」でリビングをすっきりとかたづけることができます。魅せる家具であり、収納もばっちりできる、家の中のメインとなる素敵なデザインのシステム収納家具です。置く場所によっては部屋の間仕切りとしての役目も果たします。今回はこの豪華なシステムシェルフをご紹介いたしま...

お片付けレシピ編集部
  |  72view
「魅せる」「使える」理想のリビング学習環境づくりと「整理... NEW!

「整理収納フェスティバル」というイベントをご存知でしょうか? 毎年10月、2日間にわたって開かれる日本最大の「整理収納についてのイベント」であり、「整理収納が持つ力」を暮らしに生かすため、人・もの・サービスにアプローチし、快適な暮らしに向けて、あらゆる角度から紹介・発信することを目的としています。...

お片付けレシピ編集部
  |  197view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

幅を気にせず設置できるフロートタイプの玄関収納棚がとって...

玄関はその家の顔とも言える部分。いつも綺麗に整理整頓して、訪れる人を温かく迎えたいものですね。しかし、狭いマンションでは玄関周りをすっきりと保つのは至難の技です。ここでは玄関を有効に使える収納棚について見ていきましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  243view
デザイン性抜群の「家具としてのシステム収納」で部屋のお片... NEW!

デザイン性抜群の「家具としてのシステム収納」でリビングをすっきりとかたづけることができます。魅せる家具であり、収納もばっちりできる、家の中のメインとなる素敵なデザインのシステム収納家具です。置く場所によっては部屋の間仕切りとしての役目も果たします。今回はこの豪華なシステムシェルフをご紹介いたしま...

お片付けレシピ編集部
  |  72view
壁面収納比較!埋め込み型と貼りつけ型のメリット・デメリッ...

収納はどこの家庭にとっても悩みの種。場所を上手に選ばないと余計なスペースを取ってしまいます。そんな時は壁面を活用すると便利です。特に玄関はスペースが狭いので、この方法で楽々お片付けをしたいですね。

お片付けレシピ編集部
  |  292view
壁面収納は色選びが肝心!部屋の雰囲気を変えつつ、キレイに...

お片付けが苦手で、いつも何かしら部屋が散らかっているけれど、上手な収納方法がわからないという悩みを持っている女性は多いものです。そんな場合は思い切って壁面を収納スペースにしてしまいましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  185view
棚で収納拡大&お部屋の雰囲気向上!目的別の色の選び方

スペースを有効に活用した収納棚には、壁に埋め込むタイプやベンチタイプなど様々なものがあります。ベンチタイプはリビングダイニングのミニ仕切りとしても使えますし、おもちゃや雑多な小物を整理する目的にもぴったりです。

お片付けレシピ編集部
  |  333view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント