お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/11/09 2:07

DIYでやらかす前に…プロに施工してもらう壁収納の良さをチェック!

429view|0clip | 2017/11/09 2:07 投稿者 お片付けレシピ編集部

クローゼットや押入れだけでは、家の中のものを仕舞い切れず、「もっと保管スペースがあればいいのに…」と思っている方も多いのではないでしょうか?
「壁収納」はそんなお片付けの悩みを解決してくれる強い味方です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的リビングプラン51 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel51 )

そのメリット

家の中に壁面はたくさんあります。見落としがちですが、それらは物を収めるための、絶好の空間になります。ある意味、デッドスペース(有効活用されていない空間)と言えるでしょう。壁面家具のメリットは、その容量の大きさです。
例えば、最大で、床から天井までの高さをほぼ使うこともできるわけですから、かなりの容量になることはお分かりいただけるでしょう。そういったスペースを利用すれば、家の中の物をかなり仕舞うことができます。
片付けられずに床に置いてある物や、まとまりのない家具のせいで、なんとなく雑然としている部屋も、壁面家具によって、スッキリ整然とした場所に変身させることが可能です。また、置き家具では見つからないような、オシャレなものを作ることで、憧れの部屋を実現させることもできるでしょう。

イメージ

出典元: DAIKEN 収納ボード ( https://www.daiken.jp/product/detail/storage/18100272.html )

DIYで壁収納?

DIYが得意な人なら、自分で作ろうと考えるかもしれません。DIYで取り組むなら、まずは、壁の種類や構造をきちんと調べることが重要です。コンクリート・木製・石膏ボードなどの材質チェックに加え、下地の工法も確認しておく必要があります。壁をノックしてみて、その音によって、材質を調べることもできます。詰まったような、響かない音だとコンクリートの可能性が高く、「コンコン」と内側に響くような音であれば、石膏ボードの可能性が高くなります。ただし、これはあくまで「可能性」であるため、ご自身の判断やDIY自体に不安がある場合は、最初からプロに施工をお願いする方が賢明です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179010581 )

施工を任せる

プロの職人に施工をしてもらう方が、当然ながら、仕上がりも見映えも優れたものが作れます。自分の希望を伝えながら、業者の提案も参考にし、大きさ・利便性・周りの家具とのバランス・センス・好みなど、さまざまな条件を満たした、自分の家にピッタリのものを完成させることができるでしょう。オリジナリティあふれる、唯一無二のものが出来上がれば、慈しみながら一生大切に使っていけます。
自分の手で作ろうと思えば、手間暇もかかりますし、時間も労力も使います。しかも、出来栄えが気に入らなかったり、失敗したりしてしまうと、簡単に取り外せないものだけに、後々ずっと後悔することになりかねません。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179010629 )

大建工業の「壁収納」は、個性的なデザインと、たっぷり物が仕舞えるスペースがあり、魅せる壁面家具が実現できます。

満足のできるものを手に入れたいのであれば、プロに施工をお任せすることをおすすめします。その場合は、業者とじっくりと納得のいくまで話し合うことが大切です。理想のものを手に入れて、快適でスッキリとした暮らしを始めませんか。

イメージ

出典元: DAIKEN 壁厚収納 カベピタ ( https://www.daiken.jp/product/detail/storage/18100273.html )

理想の壁収納を手に入れよう!是非こちらをチェック!!

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

片付けは高さを使いこなす物が制する!積み重ね可能なケース... NEW!

ご自宅の収納スペースには限りがあるので、入りきらなかった物がお部屋に溢れ出すと、それらをどのように片付ければ良いのか悩んでしまいます。 床面積を多くとってしまう収納方法ですと、お部屋が狭くなってしまいます。新たな収納スペースを作る時は高さを意識してください。今回は、ケースやカゴを使用して高さのあ...

お片付けレシピ編集部
  |  18view
ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト... NEW!

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合...

お片付けレシピ編集部
  |  10view
洗濯機の上の空間は、お片付け実践時には最強のオススメスペ... NEW!

ご自宅の洗濯機の上の空間はどのように活用していますか? 洗濯機の上にランドリーバスケットを置いているだけのご家庭も多いかもしれません。バスケットの上にはまだまだ有効に使える空間があります。洗濯機の上の空間は、片付けの際には強い味方となるので、ぜひ有効活用してみてください。 今回は洗濯機上の空間の...

お片付けレシピ編集部
  |  144view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

幅を気にせず設置できるフロートタイプの玄関収納棚がとって...

玄関はその家の顔とも言える部分。いつも綺麗に整理整頓して、訪れる人を温かく迎えたいものですね。しかし、狭いマンションでは玄関周りをすっきりと保つのは至難の技です。ここでは玄関を有効に使える収納棚について見ていきましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  580view
快適な書斎はたっぷり収納できる本棚と広々としたデスクスペ... NEW!

書斎は家の中でも最も片付かない部屋のひとつにあげられます。たくさんある本で溢れかえっている方もいるかもしれません。書斎は自分だけの城で、誰も踏み込んでこないという気持ちが心の奥にあるといった理由からです。しかし、煩雑な部屋で仕事をしても効率が低下したり気分が乗らなくなったりします。快適な書斎はど...

お片付けレシピ編集部
  |  101view
壁面収納のイメージを覆す!お部屋を圧迫しないロースタイル... NEW!

壁面収納家具が機能的で注目されていますが、ロースタイルの家具もまた注目されています。ロースタイルの家具は高さが低いため、部屋を圧迫しないという点が人気の秘訣です。 今回は、部屋を圧迫しないロースタイルの家具にはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  131view
ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト... NEW!

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合...

お片付けレシピ編集部
  |  10view
その場しのぎの収納グッズは物が増えたら買い足す、の悪循環...

生活していく間にものは増えていきます。物が増えれば、そのたびに収納グッズを買い足してしまいがちです。収納グッズが増えていくと、何がどこにあるのかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。また、場所を取って部屋が狭くなったりもします。そんなとき、場所を取ることなくどこに何があるのかわかりやす...

お片付けレシピ編集部
  |  722view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント