お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2017/11/09 2:07

DIYでやらかす前に…プロに施工してもらう壁収納の良さをチェック!

クローゼットや押入れだけでは、家の中のものを仕舞い切れず、「もっと保管スペースがあればいいのに…」と思っている方も多いのではないでしょうか?
「壁収納」はそんなお片付けの悩みを解決してくれる強い味方です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的リビングプラン51 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel51 )

そのメリット

家の中に壁面はたくさんあります。見落としがちですが、それらは物を収めるための、絶好の空間になります。ある意味、デッドスペース(有効活用されていない空間)と言えるでしょう。壁面家具のメリットは、その容量の大きさです。
例えば、最大で、床から天井までの高さをほぼ使うこともできるわけですから、かなりの容量になることはお分かりいただけるでしょう。そういったスペースを利用すれば、家の中の物をかなり仕舞うことができます。
片付けられずに床に置いてある物や、まとまりのない家具のせいで、なんとなく雑然としている部屋も、壁面家具によって、スッキリ整然とした場所に変身させることが可能です。また、置き家具では見つからないような、オシャレなものを作ることで、憧れの部屋を実現させることもできるでしょう。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローボードプラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft10 )

DIYで壁収納?

DIYが得意な人なら、自分で作ろうと考えるかもしれません。DIYで取り組むなら、まずは、壁の種類や構造をきちんと調べることが重要です。コンクリート・木製・石膏ボードなどの材質チェックに加え、下地の工法も確認しておく必要があります。壁をノックしてみて、その音によって、材質を調べることもできます。詰まったような、響かない音だとコンクリートの可能性が高く、「コンコン」と内側に響くような音であれば、石膏ボードの可能性が高くなります。ただし、これはあくまで「可能性」であるため、ご自身の判断やDIY自体に不安がある場合は、最初からプロに施工をお願いする方が賢明です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179010581 )

施工を任せる

プロの職人に施工をしてもらう方が、当然ながら、仕上がりも見映えも優れたものが作れます。自分の希望を伝えながら、業者の提案も参考にし、大きさ・利便性・周りの家具とのバランス・センス・好みなど、さまざまな条件を満たした、自分の家にピッタリのものを完成させることができるでしょう。オリジナリティあふれる、唯一無二のものが出来上がれば、慈しみながら一生大切に使っていけます。
自分の手で作ろうと思えば、手間暇もかかりますし、時間も労力も使います。しかも、出来栄えが気に入らなかったり、失敗したりしてしまうと、簡単に取り外せないものだけに、後々ずっと後悔することになりかねません。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179010629 )

大建工業の「壁収納」は、個性的なデザインと、たっぷり物が仕舞えるスペースがあり、魅せる壁面家具が実現できます。

満足のできるものを手に入れたいのであれば、プロに施工をお任せすることをおすすめします。その場合は、業者とじっくりと納得のいくまで話し合うことが大切です。理想のものを手に入れて、快適でスッキリとした暮らしを始めませんか。

イメージ

出典元: DAIKEN カンタナ 納戸 4尺間口プランH(浅) ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/kt2 )

関連おすすめ記事

賃貸でもシステム収納が取り付けられる「オンボード工法」

システム収納で部屋をすっきりさせたいけれど、賃貸住宅のためにシステム収納をあきらめている人は多いです。しかしDIYや工務店で、壁を傷つけない方法でシステム収納を作ることができます。壁に傷をつけたくないのであれば「オンボード工法」がおすすめです。

お片付けレシピ編集部
  |  432view
壁に収納スペースを創り出す!壁を収納スペースにする発想

今回は、収納したいけれど収納スペースが狭いなど、中々アイディアが思いつかないというお悩みをお持ちの方に、必見のアイディアを紹介します。 意外なスペースを創り出す収納のための発想を集めてみました。 壁に収納スペースを作るというアイディアをご紹介していきます。 収納と言えば、クローゼットや押し入れ...

お片付けレシピ編集部
  |  823view
物を入れるだけじゃ勿体無い!壁面収納の活用レシピ

部屋のなんでもない壁を、収納場所に変えてくれる壁面収納は、お片付けの力強い味方です。でも、壁面収納を単なる物入れにしてしまうのは勿体ありません。壁面収納の活用レシピをご紹介しましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  1143view
DIY初心者必見!クローゼットに棚を取り付ける前に考えてほし...

「充分活かされていない収納スペースを改善したい」と考えている場合、棚やパイプなどをDIYで設置してコストダウンを図りたい方も多いと思います。既存のウォークインクローゼットをもっと活用したい方からご相談をいただきましたのでご紹介します。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  185view
すのこでできる、収納DIY術

「おしゃれにものを収納したい!」「DIYをやってみたいけど難しそう」そんな人には、安くて気軽に挑戦できるすのこを使ったDIYはいかがでしょうか。 難しい工具などはほとんど使用しないので、初めてDIYにチャレンジする方や、賃貸や狭小住宅にお住まいの方などにおすすめです。

お片付けレシピ編集部
  |  460view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント