お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/11/08 0:01

レイアウトの可能性は無限大!商品の賢い選び方~収納棚編~

1499view|0clip | 2017/11/08 0:01 投稿者 お片付けレシピ編集部

クローゼットの整理はなかなか大変なものです。衣類の他に靴や帽子、バッグ、ブーツなどといったアイテムをきれいに仕舞おうとすると、やはり既製の家具よりもオーダーメイドの方が便利です。高いお金をかけずに整理できる商品の選び方について考えてみました。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ ウォークインクローゼット L型1坪プラン ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk01 )

フレキシブルな棚がおすすめ

衣類はハンガーにかける、あるいはたたむことが出来るので、それほど棚の幅や高さを厳密に考えなくても何とかなります。しかし、バッグやブーツを置く所は高さをきちんと計らないと妙にスペースが余ってしまい、効率のいい収納をすることができません。そのため、その点を考慮した商品の選び方がポイントになってきます。棚板を小刻みに移動できるタイプの商品であれば、無駄のないお片付けをすることが可能です。最初はシンプルな作りにしておいて、徐々に棚や引き出しを増やしていくのも賢い選び方ですね。棚を選ぶ時には後から買い足しの出来る定番商品を選ぶのがコツです。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ ウォークインクローゼット L型1坪プラン ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk01 )

楽しみながらお片付け出来るレイアウトも大切

片付けや衣類の整理が苦手でどうもうまくいかないという人は、ウォークインクローゼットを収納のみの場所と考えて何でもかんでも詰め込むのはやめ、「自分で見て楽しい空間」を作り上げてしまいましょう。そうすれば、整理も苦ではなくなります。レイアウトにしても、お気に入りのバッグは見える棚に並べ、スカーフなどは色ごとにまとめて飾るように整理していけば、クローゼットに入るたびに楽しい気分になること間違いなしです。
クローゼットの色と素材も大切な要素ですので、飽きがこなくて掃除がしやすいもの、見ると明るい気分になれるものを選ぶのがおすすめです。基本的には明るめのベージュやホワイトの木材がおすすめです。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ ウォークインクローゼット L型1坪プラン ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk01 )

ウォーキングクローゼットに必要なアイテム

ウォーキングクローゼットとして必要な高さは、だいたい1800mm~2000mmです。上の方には帽子やほとんど使わないバッグ、ござなど軽いものを配置します。棚の奥行きは440mmが最も一般的です。この幅なら、たたんだ衣類もすんなりと収まりますし、下方に空間を残しておけばスーツケースも楽々保管することができます。棚の幅があまり広くなり過ぎると、奥のものが取り出しにくくなり面倒です。
天板は560mmのものと840mmのものが主流ですが、空間にぴったり収まるように特注してもそれほど割高にはなりません。ハンガーパイプはワンピースが掛けられる高さのものとジャケットのみの高さのもの、2本用意すればレイアウトがしやすくなります。

DAIKENのリラクロ ウォークインクローゼット L型1坪プランは空間を細かく区切って小物の整理も難なくできる優れものです。棚板と引き出しは50mm単位で動かせるので、無駄なく収納ができます。価格も11万円からとリーズナブルなのが魅力です。

整理上手にはなりたいけれどお金はあまりかけたくない。そんなニーズにぴったりのウォークインクローゼットがたくさん出回ってきました。タンスと違って物がたくさん入るので、賢い選び方をして、家具を処分してでも一つは設置しておきたいところですね。
ごちゃごちゃになってしまいがちなクローゼットを、パッと見渡せてパッとしまえる「使える」収納に。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ クローゼット I型6尺間口プラン-1 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk6-1 )

▼こちらも是非、併せてチェックしてみてくださいね。

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

片付けは高さを使いこなす物が制する!積み重ね可能なケース... NEW!

ご自宅の収納スペースには限りがあるので、入りきらなかった物がお部屋に溢れ出すと、それらをどのように片付ければ良いのか悩んでしまいます。 床面積を多くとってしまう収納方法ですと、お部屋が狭くなってしまいます。新たな収納スペースを作る時は高さを意識してください。今回は、ケースやカゴを使用して高さのあ...

お片付けレシピ編集部
  |  42view
ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト... NEW!

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合...

お片付けレシピ編集部
  |  25view
洗濯機の上の空間は、お片付け実践時には最強のオススメスペ... NEW!

ご自宅の洗濯機の上の空間はどのように活用していますか? 洗濯機の上にランドリーバスケットを置いているだけのご家庭も多いかもしれません。バスケットの上にはまだまだ有効に使える空間があります。洗濯機の上の空間は、片付けの際には強い味方となるので、ぜひ有効活用してみてください。 今回は洗濯機上の空間の...

お片付けレシピ編集部
  |  159view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

棚の中に入れると便利!組み合わせ自由なお片付けケース

整理収納小物ケースは非常に便利な収納ボックスです。どの部屋にもこのケースさえあればお片付けが簡単にできます。サイズや形もたくさん揃っているので、狭い場所や広い場所の収納も自由自在です。

お片付けレシピ編集部
  |  1624view
棚で収納拡大&お部屋の雰囲気向上!目的別の色の選び方

スペースを有効に活用した収納棚には、壁に埋め込むタイプやベンチタイプなど様々なものがあります。ベンチタイプはリビングダイニングのミニ仕切りとしても使えますし、おもちゃや雑多な小物を整理する目的にもぴったりです。

お片付けレシピ編集部
  |  611view
幅を気にせず設置できるフロートタイプの玄関収納棚がとって...

玄関はその家の顔とも言える部分。いつも綺麗に整理整頓して、訪れる人を温かく迎えたいものですね。しかし、狭いマンションでは玄関周りをすっきりと保つのは至難の技です。ここでは玄関を有効に使える収納棚について見ていきましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  580view
システム収納をつけるなら、お片付けしたいスペース選びが大事!

システム収納をつけることを計画するとき、どのスペースに必要なのかを考えることは大事なことです。生活をしていて、棚があったら良いなと思う場所、モノが散らかりやすい場所、片付けたいと思う場所はどこでしょうか。ピックアップして見ていきましょう。

お片付けレシピ編集部
  |  554view
快適な書斎はたっぷり収納できる本棚と広々としたデスクスペ...

書斎は家の中でも最も片付かない部屋のひとつにあげられます。たくさんある本で溢れかえっている方もいるかもしれません。書斎は自分だけの城で、誰も踏み込んでこないという気持ちが心の奥にあるといった理由からです。しかし、煩雑な部屋で仕事をしても効率が低下したり気分が乗らなくなったりします。快適な書斎はど...

お片付けレシピ編集部
  |  106view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント