お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2017/10/17 5:10

賃貸だけどDIYで収納を足したい!壁の穴いらずのDIY

SNSや雑誌などで、壁面収納のアイディアを見ても、賃貸だからどうすることもできない、とあきらめてはいませんか?賃貸でも工夫次第でDIYの壁面収納は可能です。

イメージ

ペグボードを使ってみよう!

ホームセンターや百円ショップなどでよく見かける一面に穴のあいたボードを、ペグボードといいます。パンチングボードや有孔ボードと呼ばれることもありますが、このボードを利用したら、賃貸住宅の壁に穴をあけることなく、フックや棚などを使って、物を収納したりディスプレイしたりすることができます。

まずは、使いたい壁のサイズをきちんと測ってから買いに行きましょう。ホームセンターによっては、使いたいサイズにカットしてくれるところもあるので、そのようなサービスを利用したら、部屋にピッタリのボードが手に入ります。壁に固定するときは、壁に隙間なくくっつけてしまっては使いにくいので、少し隙間を作っておきましょう。

ディアウォールで柱を突っ張ろう!

ペグボードならオシャレで雰囲気がいいけれど、どうやって壁にとりつければいいの?と思ったあなたなら、ディアウォールを使って柱を取り付けることをおすすめします。
ディアウォールとは、市販のツーバイフォー材を使って突っ張らせることで、壁に柱を取り付けることのできる専用器具です。値段も安価で、ツーバイフォー材も高価なものではないので、リーズナブルに壁を傷つけることなく柱を取り付けることができます。柱を取りつけたら、ペグボードを設置することもできるし、専用の棚受け材を利用したら、飾り棚を作ることもできます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=29981000072 )

ワイヤーネットを利用しよう!
ペグボードと似たような用途で、ワイヤーネットも壁面収納にピッタリです。フックやカゴなどを簡単に取り付けることができるので、身近な小物をひっかけておくのに重宝します。ディスプレイ用に使うのもオシャレでいいでしょう。

小さな紙袋をプッシュピンで留めてみる
アクセサリーなどを買った時に、ショップで入れてくれる小さな紙袋などを、プッシュピンで留めたら、ちょっとした収納スペースが出来上がります。紙袋なので、基本的にはごく軽いものを入れるために使います。おしゃれな紙袋なら、それだけで部屋がぐんとセンスアップするかもしれません。


イメージ

突っ張り棒をフル活用
狭い空間なら、百円ショップなどで売っている突っ張り棒を使って収納スペースを作ることができます。壁と壁の間に突っ張り棒を取り付けて、フックやカゴなどの収納グッズをひっかけたら、洗濯用品やキッチン用品など、様々なものをすっきり片づけるのに便利です。

賃貸だからと、あきらめてはいけません。アイディア次第で、DIY収納スペースは様々に作れます。

イメージ

関連おすすめ記事

立体的にスペースを使うなら壁面収納は必須!

収納スペースが足りない、お片付けができないと感じている方におすすめなのが、壁面収納です。アイデア次第では自分で取りつけることができます。壁面収納で立体的にスペースを使うなら、隙間やデッドスペースを有効に活用できます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  3724view
システム収納は賃貸住宅でも取付可能!

賃貸住宅にお住まいの方でシステム収納を利用したいと思われている方におすすめしたいのが、壁を傷つけずに取り付けできる「オンボード工法」です。これはDIYで取り付けるか、工務店に依頼して設置することができます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1168view
賃貸でもシステム収納が取り付けられる「オンボード工法」

システム収納で部屋をすっきりさせたいけれど、賃貸住宅のためにシステム収納をあきらめている人は多いです。しかしDIYや工務店で、壁を傷つけない方法でシステム収納を作ることができます。壁に傷をつけたくないのであれば「オンボード工法」がおすすめです。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1571view
壁面収納は穴を開けなくても設置できるって知ってました?

限られた空間を有効活用し、部屋を整理したい方は多いと思います。その一つの方法として壁面収納にしたいと思っても、壁に穴を開けたくないという理由であきらめている方もいるのではないでしょうか。そんな方のために壁に穴を開けず、壁を傷つけることのない壁面収納の設置方法をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2761view
賃貸住宅でも実践できる壁面収納増設術&グッズ

物は徐々に増えていきますよね。お片付けしたいけど押し入れやクローゼットはもう入らない、新たな収納を置くスペースもない、という場合に壁面収納はおすすめです。大掛かりな施行をする必要も、壁に穴をあける必要もなく、壁面収納を増設する方法やグッズを紹介します。賃貸住宅でも安心して増設できますよ。

お片付け収納レシピ編集部
  |  3573view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント