お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/10/13 5:17

収納を思い立ったら…全部出す・分類・ラベリングのステップを踏もう!

734view|2clip | 2017/10/13 5:17 投稿者 お片付けレシピ編集部

どこに何があって、必要なものはすぐに取り出せる。そして、使ったら仕舞う場所はきちんと決まっていて、すぐに仕舞える。そんな整理整頓が行き届いて、すっきりと片づいている家は理想です。しかし、なかなかそうもいかないことも多いことでしょう。どこから片づけたらよいか分からない、という人も、もしかしたらいるかもしれません。

イメージ

片づけを思い立った時がその時!

家の中が雑然として、片づけたいと思った時が、収納を見直すその時です。どこから取り掛かったらよいか分からないと思ったら、とりあえず一番片づけたいと思うところからはじめましょう。引き出し1つからでもよいのです。少しずつはじめて、片づける習慣をつけていったら、そのうち家全体が片づくようになります。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10236000237 )

【ステップ1・全部出す】片づけたい場所にどんな物があるか見極める

片づけるときは、片づけたい場所にどんな物があるかを、見極める必要があります。そのために、まずは、中のものを全部出してみましょう。片づけているつもりが、かえって散らかっている気分になるかもしれまんが、ステップを踏んで片づけを実行していかないと、中途半端になってしまって、結局はきちんと整理整頓できなくなってしまいます。

イメージ

【ステップ2・分類する】いる物といらない物に分ける

全部出したら、分類していきます。いる物といらない物に分けます。このとき、なかなかいらない物を決められない人もいるでしょう。基本的には「いつか使うかも」「痩せたら着られるかも」はいらない物に分類できる物です。ただ、そこに「思い出」がある場合、とっておくことも選択してよいです。 「思い出」は処分対象にはなりません。

分類ができたら、いらない物は処分し、いる物は、またまた分類です。よく使う物と、めったに使わない物に分けていきます。

【ステップ3・ラベリングする】どこになにがあるか明確にする

分類できたら、今度は収納場所を決めていきます。この時ラベリングしていくと定位置が決まっていき、取り出しやすく片づけやすくなっていきます。ポイントは、誰のために何のためにラベリングするか目的意識をしっかり持つことです。

例えば家族みんなで使うリビングなら、家族みんなが分かりやすいようにラベリングします。子供部屋なら、子供目線で子供が分かりやすいようにラベリングします。ポイントはラベリングも楽しむことです。分かりやすく実用的であるのも大切ですが、見た目にも美しくおしゃれなラベリングができたら、片づけが楽しくなります。

「思い立ったが吉日」こそ、まさに片づけのためにあるような言葉です。片づけたくなったらとりあえず、どこか取り掛かってください。時間がないときなら、小さな引き出し1つからでも、5分からでもOKです。片づけは習慣でもあるので、習慣にしていくことも大切です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736003592 )

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

片付けは高さを使いこなす物が制する!積み重ね可能なケース... NEW!

ご自宅の収納スペースには限りがあるので、入りきらなかった物がお部屋に溢れ出すと、それらをどのように片付ければ良いのか悩んでしまいます。 床面積を多くとってしまう収納方法ですと、お部屋が狭くなってしまいます。新たな収納スペースを作る時は高さを意識してください。今回は、ケースやカゴを使用して高さのあ...

お片付けレシピ編集部
  |  307view
ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト... NEW!

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合...

お片付けレシピ編集部
  |  184view
洗濯機の上の空間は、お片付け実践時には最強のオススメスペ...

ご自宅の洗濯機の上の空間はどのように活用していますか? 洗濯機の上にランドリーバスケットを置いているだけのご家庭も多いかもしれません。バスケットの上にはまだまだ有効に使える空間があります。洗濯機の上の空間は、片付けの際には強い味方となるので、ぜひ有効活用してみてください。 今回は洗濯機上の空間の...

お片付けレシピ編集部
  |  376view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

積み重ねたまま開けられる収納ボックスなら、出すのもしまう...

収納ボックスにもたくさんの種類があって、どれを買おうか悩んでしまいますよね。ボックスによっては綺麗に整理整頓できたとしても、いくつか積み重ねている状態だといちいち上のものをどけてからではないとうまくモノが出すことができないタイプもあって、苦労した方も多いのではないでしょうか。 そこで今回はボッ...

お片付けレシピ編集部
  |  610view
ツナ缶をリメイクして可愛い仕切りで分類分けする収納テクニ...

ツナ缶を収納に使うと聞いたら驚かれるかもしれませんね。 実は、日常的に見かけるあのツナ缶は、工夫次第でとっても便利な収納グッズに変身するんですよ。

お片付けレシピ編集部
  |  287view
壁に収納スペースを創り出す!壁を収納スペースにする発想

今回は、収納したいけれど収納スペースが狭いなど、中々アイディアが思いつかないというお悩みをお持ちの方に、必見のアイディアを紹介します。 意外なスペースを創り出す収納のための発想を集めてみました。 壁に収納スペースを作るというアイディアをご紹介していきます。 収納と言えば、クローゼットや押し入れ...

お片付けレシピ編集部
  |  372view
片づけはとにかく頭を使う!分類・選別・移動などの判断を瞬...

片づけが苦手という人は、意外に多いのではないでしょうか? 何から手をつければいいのかわからない、片づけてもすぐにリバウンドしてしまう、物が捨てられなくてどんどん溜まっていく…など、悩みはさまざまかもしれません。 何でも簡単に手に入る時代ですし、意識しなければ物は増えていく一方です。限られた収納ス...

お片付けレシピ編集部
  |  336view
「ボックスに隠して片付け終わり~」は間違い!ラベリングし...

モノがごちゃごちゃして見た目が悪くなったとき、とりあえず家にあるボックスに隠してその場しのぎで片づけをしていませんか? そのやり方でモノを直してしまうと、その後いざ使おうと思ったとき、何をどこに入れたかが自分でも分かりにくくなってしまい、結局モノを出し入れするのに手間取ってしまいます。 そこで...

お片付けレシピ編集部
  |  475view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント