お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/10/11 5:13

とにかく物が無くなる…家の中での紛失を防ぐ方法

232view|0clip | 2017/10/11 5:13 投稿者 お片付けレシピ編集部

外出するときに鍵がない、テレビを見ようと思ったらリモコンがない、病院に行こうとしたら保険証がない、などといった経験はほとんどの人が一度はあるでしょう。 そして、しょっちゅう物が無くなってしまうという人もいるかもしれません。家の中で物の紛失を防ぐには、どのような方法があるのでしょうか?

イメージ

物の置き場所を決める

物を無くさない最も効果的な方法は、当たり前のことですが、物の置き場所を決め、それを守ることです。物を無くしやすい人は、置き場所を決めずに「とりあえず」どこかに置いてしまう人に多いようです。鍵や保険証など大切なものは特に、置き場所を決めて、それを守ることが大切です。 理想的としては、家の中にある物すべての置き場所を決めておくことですが、それがどうしても無理なら、普段よく紛失して、よく探してしまう物を重点的に、置き場所を決めましょう。

イメージ

いらない物は捨てる

物が無くなるということは、物が多いということでもあります。 物の少ない部屋なら、それほど紛失はしません。 「もったいない」と思い、物を大切にすることは、よいことですが、いらない物を捨てることで、本当に必要なものを大切にできることにもなります。
また、物が多すぎると、片づけのときにとりあえずどこかに仕舞ってしまい、いらない物に紛れて、大切なものを無くしてしまうことにもなります。

いらない物と大切なものを見極めよう

大掃除などで、いらない物をすてはじめると、ついなんでも捨ててしまうことがあります。捨てることでストレスが解消された気分になり、すっきりするからです。でも、ついつい大切な思い出の品まで処分してしまい、後から後悔してしまうこともあります。

たとえば、子供の描いた絵や工作、昔の写真や洋服など、片づけている最中は、いらないと思い、捨ててしまいがちですが、子供の絵はその年齢でしか描けない貴重なものですし、写真も洋服も思い出の品ともいえます。

捨ててしまって後悔するよりは、ちょっと立ち止まって冷静になって、本当に捨ててもいい物かどうか、見極めることも大切です。子供の絵や工作は、インテリアにしてしまうこともできるし、多いのなら写真にとってデータ化できます。 古い写真も同様にデータ化しておくとよいでしょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=29968000174 )

また、洋服は、一年以上着ない服は、捨てるべきだという考え方もありますが、それが思い出の品である場合もあります。初めて自分の給料で買った服、子供のころのお気に入りの服、母が作ってくれた服など、捨ててしまうには惜しい思い出の品であるかもしれません。「痩せたらいつか着られるかもしれない服」、「買ってから一度も着ていない服」などは処分対象にしてもいいかもしれませんが、思い出の品は、大切にとっておくことも悪くありません。

大切なもの、必要なものは置き場所を決めて、収納しておくことが、物の紛失を防ぐもっとも簡単で効果的な方法です。そして、いらない物を捨て、物を少なくすることも、物を無くさないポイントです。ぜひこれらに気をつけて、紛失物の少ないストレスの少ない部屋にしていきましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179010673 )

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

コンテナーを利用したお片付け!~子供部屋を整理してみまし... NEW!

コンテナーを用いたお片付けは、気軽で、いろいろなサイズやタイプもあるため、人気があります。家の中で特に雑然としやすい場所といえば、子供部屋やリビングルームだと思いますが、コンテナーを利用することで、スッキリと整理整頓された部屋に変身させることが可能です。

お片付けレシピ編集部
  |  89view
ブックスタンドはキッチンでも大活躍!目からウロコの活用法 NEW!

毎日使うキッチン周りは、使い勝手もよくすっきりとさせていたいものです。でも、何だかごちゃごちゃしてしまいませんか?日頃使う物、そんなに使わないけど必要な物、を分けて収納すれば使い勝手はよくなりますし、よく使う物もきちんと片づければ、かなりすっきりしてみえます。 実はブックスタンドがその点で活躍...

お片付けレシピ編集部
  |  160view
キッチン収納の主力「ストッカー」の利便性を左右するのは、...

台所の整理整頓が悩みのタネという方も多いはずです。 限られたスペースで、さまざまなキッチンアイテムを利便性よく仕舞うには「ストッカー」がオススメです。 そんなキッチン収納の強い味方・ストッカーは、どのような基準で選べばよいのでしょうか?

お片付けレシピ編集部
  |  200view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

お片付け・収納に非協力的な家族にやる気を出させるコツ

いくら自分がお片付けをがんばっても、家族が非協力的だと、せっかく整理整頓された部屋もあっという間に散らかってしまうということがあります。常にすっきり片付いている家であるためには、家族の協力も必要です。家族に協力してもらえるよう、やる気を出させるためのコツには、どのようなものがあるのでしょうか?

お片付けレシピ編集部
  |  97view
部屋のサイズに合わせた家具の大きさ・適正量はどのくらい?

家具を選ぶとき、もっとも大切なポイントの1つに、部屋のサイズに合わせるということがあります。家具店などに家具を選びに行くときは、置きたい場所のサイズを必ず測っておくことはもちろん、部屋全体のサイズやバランスもよく考えておきましょう。 では、具体的には、どのようなことを考えればいいのでしょうか?

お片付けレシピ編集部
  |  171view
普段の動線上に「入れるだけ収納」を用意すると、物の紛失が...

片づけの基本は整理整頓ですが、忙しくてなかなか出来ないという方も多いのではないでしょうか。 そんな人は「入れるだけ収納」を実践してみてはいかがでしょう?普段の動線上に「入れるだけ収納」を用意するだけで、部屋は意外と簡単に片づきます。

お片付けレシピ編集部
  |  282view
家族のライフステージの変化に対応できる家にしたい!

家を買ったり、建てたりすることを考えている方もいるかもしれません。そのタイミングは人それぞれと言えますが、新婚の時や、子供が小さい時などに考える人が多いのではないでしょうか? 将来子供が何人生まれるか、何人家族になるのかなどは、その時点ではわかりません。また、子供の成長に合わせ、自分たちのライフ...

お片付けレシピ編集部
  |  98view
家の掃除をダイエットに例えて!溜まり続けたものを減らすの...

皆さんのおうちの中、散らかっていないように見えても 実は見慣れているだけかもしれません。 家の中を見渡したとき、部屋の隅につい残しがちな書類の山や、もう二度と着ないだろうなと心のどこかで思いながら、残してある衣類などありませんか。 しかしそれを残していることによって、いざ掃除をするときに大き...

お片付けレシピ編集部
  |  245view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント