お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/10/11 5:13

とにかく物が無くなる…家の中での紛失を防ぐ方法

318view|0clip | 2017/10/11 5:13 投稿者 お片付けレシピ編集部

外出するときに鍵がない、テレビを見ようと思ったらリモコンがない、病院に行こうとしたら保険証がない、などといった経験はほとんどの人が一度はあるでしょう。 そして、しょっちゅう物が無くなってしまうという人もいるかもしれません。家の中で物の紛失を防ぐには、どのような方法があるのでしょうか?

イメージ

物の置き場所を決める

物を無くさない最も効果的な方法は、当たり前のことですが、物の置き場所を決め、それを守ることです。物を無くしやすい人は、置き場所を決めずに「とりあえず」どこかに置いてしまう人に多いようです。鍵や保険証など大切なものは特に、置き場所を決めて、それを守ることが大切です。 理想的としては、家の中にある物すべての置き場所を決めておくことですが、それがどうしても無理なら、普段よく紛失して、よく探してしまう物を重点的に、置き場所を決めましょう。

イメージ

いらない物は捨てる

物が無くなるということは、物が多いということでもあります。 物の少ない部屋なら、それほど紛失はしません。 「もったいない」と思い、物を大切にすることは、よいことですが、いらない物を捨てることで、本当に必要なものを大切にできることにもなります。
また、物が多すぎると、片づけのときにとりあえずどこかに仕舞ってしまい、いらない物に紛れて、大切なものを無くしてしまうことにもなります。

いらない物と大切なものを見極めよう

大掃除などで、いらない物をすてはじめると、ついなんでも捨ててしまうことがあります。捨てることでストレスが解消された気分になり、すっきりするからです。でも、ついつい大切な思い出の品まで処分してしまい、後から後悔してしまうこともあります。

たとえば、子供の描いた絵や工作、昔の写真や洋服など、片づけている最中は、いらないと思い、捨ててしまいがちですが、子供の絵はその年齢でしか描けない貴重なものですし、写真も洋服も思い出の品ともいえます。

捨ててしまって後悔するよりは、ちょっと立ち止まって冷静になって、本当に捨ててもいい物かどうか、見極めることも大切です。子供の絵や工作は、インテリアにしてしまうこともできるし、多いのなら写真にとってデータ化できます。 古い写真も同様にデータ化しておくとよいでしょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=29968000174 )

また、洋服は、一年以上着ない服は、捨てるべきだという考え方もありますが、それが思い出の品である場合もあります。初めて自分の給料で買った服、子供のころのお気に入りの服、母が作ってくれた服など、捨ててしまうには惜しい思い出の品であるかもしれません。「痩せたらいつか着られるかもしれない服」、「買ってから一度も着ていない服」などは処分対象にしてもいいかもしれませんが、思い出の品は、大切にとっておくことも悪くありません。

大切なもの、必要なものは置き場所を決めて、収納しておくことが、物の紛失を防ぐもっとも簡単で効果的な方法です。そして、いらない物を捨て、物を少なくすることも、物を無くさないポイントです。ぜひこれらに気をつけて、紛失物の少ないストレスの少ない部屋にしていきましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179010673 )

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

便利!ディスプレイとクローゼットを兼ねるユーティリティ壁... NEW!

収納の悩みを抱えている方も多いはずです。さまざまな片づけ本を読んだり、頑張って工夫をしてみたりしても、なかなか思うように片づかない…そんな悩みを持っているなら、“収納家具自体”を見直してみてはいかがでしょうか?

お片付けレシピ編集部
  |  62view
角度を気にせずに取り付け&物干し可能!収納効果◎のハンガー... NEW!

洋服などがかけられたハンガーを収納するのに、ハンガーポールを使用している人は多いと思います。今回ご紹介する商品は、長さや角度、取り外しなどが自由自在にできるという画期的なアイテムです。お部屋のちょっとしたスペースを最大限に活用して、収納場所を増やしたいとお考えの方にぜひおすすめしたいアイテムです。

お片付けレシピ編集部
  |  60view
システム収納で家のお片付けプランをチェンジ! NEW!

年末年始、衣替えの季節に大掛かりなお片付けをする方も多いでしょう。でも、取り掛かるのに少し力がいると感じることありませんか?片付けプラン、システム収納でチェンジできるかもしれません。

お片付けレシピ編集部
  |  136view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

システム収納を取り付けて、スペース活用&部屋の雰囲気を演出!

リビングには、色や形の異なる細かい物がとても多く集まってくるので、どうしても雑然とした印象になりがちです。その為、スッキリと片付いたリビングに憧れる人は多いですよね。一体どんな家具を利用すれば、きちんと片付いた印象で尚且つ雰囲気のある素敵なリビングになるのでしょう。今回はリビングに最適な「システム...

お片付けレシピ編集部
  |  241view
便利!ディスプレイとクローゼットを兼ねるユーティリティ壁... NEW!

収納の悩みを抱えている方も多いはずです。さまざまな片づけ本を読んだり、頑張って工夫をしてみたりしても、なかなか思うように片づかない…そんな悩みを持っているなら、“収納家具自体”を見直してみてはいかがでしょうか?

お片付けレシピ編集部
  |  62view
デザイン性抜群の「家具としてのシステム収納」で部屋のお片...

デザイン性抜群の「家具としてのシステム収納」でリビングをすっきりとかたづけることができます。魅せる家具であり、収納もばっちりできる、家の中のメインとなる素敵なデザインのシステム収納家具です。置く場所によっては部屋の間仕切りとしての役目も果たします。今回はこの豪華なシステムシェルフをご紹介いたしま...

お片付けレシピ編集部
  |  377view
家の掃除をダイエットに例えて!溜まり続けたものを減らすの...

皆さんのおうちの中、散らかっていないように見えても 実は見慣れているだけかもしれません。 家の中を見渡したとき、部屋の隅につい残しがちな書類の山や、もう二度と着ないだろうなと心のどこかで思いながら、残してある衣類などありませんか。 しかしそれを残していることによって、いざ掃除をするときに大き...

お片付けレシピ編集部
  |  294view
部屋のサイズに合わせた家具の大きさ・適正量はどのくらい?

家具を選ぶとき、もっとも大切なポイントの1つに、部屋のサイズに合わせるということがあります。家具店などに家具を選びに行くときは、置きたい場所のサイズを必ず測っておくことはもちろん、部屋全体のサイズやバランスもよく考えておきましょう。 では、具体的には、どのようなことを考えればいいのでしょうか?

お片付けレシピ編集部
  |  260view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント