お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/09/11 1:12

お部屋のレイアウトづくりに大きく貢献♪棚は間仕切りも兼ねられる!

380view|0clip | 2017/09/11 1:12 投稿者 お片付けレシピ編集部

部屋の広さに対してデットスペースとなっている場所はありませんか?

例えば部屋の真ん中にぽっかりと空間ができてしまっていたり、収納棚を壁際に寄せてしまっているために上手に部屋のスペースを有効活用できていなかったり……。
そんな時に活躍するのが、間仕切りタイプの棚です。天井に届くくらいの高さのある棚を、空間があいてしまった部屋の真ん中にレイアウトすることで間仕切りとなり、ひとつの部屋を二部屋として活用することができるのです。

イメージ

出典元: DAIKEN PLAN 29:間仕切  ( https://www.daiken.jp/product/contents/misel/plan/plan_detail/plan29.html )

ダイニングテーブルとソファを仕切る

収納タイプの間仕切り棚をリビングの一角にレイアウトするだけで、ダイニングテーブルを置く場所とソファを置く場所を仕切ることができます。
間仕切り用の棚は細々としたものを収納できますので、新たな収納スペースを作ることにも適しています。

趣味スペースとして

開閉式のデスクがついたタイプの棚もありますので、家事の合間のスキマ時間に手芸や読書を楽しめる「趣味スペース」としても活用できます。また、アイロンがけや洗濯物も畳め、ちょっとした裁縫をする時などの「家事スペース」にするのも良いですね。

寝室の場合には、パソコンラックのついた間仕切り棚を用意すると有効活用できます。棚を置くことでベッドの目隠しにもなりますし、部屋の中にちょっとした書斎スペースを作ることができます。
開閉式の収納がついているものが多いので、本や書類はもちろん、寝具などもスッキリ収納ができて便利です!

ひとつの部屋をふたつに

レイアウト次第で部屋が二つになりますので、子供が二人以上いるご家庭の場合は、こういった棚を間仕切りにして、ひとつの部屋をふたつの子供部屋として活用すると良いでしょう。
勉強などをする時には顔を合わせずに集中でき、ちょっと顔を覗かせるとすぐにきょうだいに声がかけられるという、プライベートを守りながら距離感を保てる空間づくりができます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11032006743 )

扉の付いていないタイプも

あまり圧迫感を感じたくない方は、すべて開閉式の扉が付いている棚ではなく、ところどころに扉の付いていないものを選ぶと良いでしょう。
扉のあるところには細々とした小物を収納し、扉の付いていない部分にはグリーンなどを置くと、インテリアも華やかになりますよ。

イメージ

低めのタイプ

間仕切り用の棚は、天井の高さまであるものから、腰の位置あたりまでの高さの低めのタイプのものもあります。
あまり圧迫感を感じたくない方には低めの棚がオススメです。棚の上も活用できますので、ここにスタンドや花などを置いてインテリアを楽しむのも良いですね。

DAIKENの「MiSEL」シリーズにはさまざまなタイプの間仕切りがあり、両面を活用できます。ひとつの部屋をふたつに分けられるので常に家族の気配を感じられます。リビングの一角でパソコンを使って趣味を楽しむことも、テレビで映画鑑賞することも可能です。

ぜひライフスタイルにぴったりのものをレイアウトして、より快適な日々を手に入れてください!



イメージ

出典元: DAIKEN PLAN 63:間仕切  ( https://www.daiken.jp/product/contents/misel/plan/plan_detail/plan63.html )

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

片付けは高さを使いこなす物が制する!積み重ね可能なケース... NEW!

ご自宅の収納スペースには限りがあるので、入りきらなかった物がお部屋に溢れ出すと、それらをどのように片付ければ良いのか悩んでしまいます。 床面積を多くとってしまう収納方法ですと、お部屋が狭くなってしまいます。新たな収納スペースを作る時は高さを意識してください。今回は、ケースやカゴを使用して高さのあ...

お片付けレシピ編集部
  |  43view
ダイニングシェルフは飾るもののサイズに合わせてレイアウト... NEW!

ダイニングの収納は頭を悩ませてしまう方も多くいます。来客などで家族以外の目に触れることも多い場所となるのでどのように収納すれば良いかと悩む方も多いでしょう。見せる収納という言葉を耳にしたこともあるかもしれませんが、見せても問題がない小物や見せたくないものなど、ひとつの収納家具で済ませられない場合...

お片付けレシピ編集部
  |  25view
洗濯機の上の空間は、お片付け実践時には最強のオススメスペ... NEW!

ご自宅の洗濯機の上の空間はどのように活用していますか? 洗濯機の上にランドリーバスケットを置いているだけのご家庭も多いかもしれません。バスケットの上にはまだまだ有効に使える空間があります。洗濯機の上の空間は、片付けの際には強い味方となるので、ぜひ有効活用してみてください。 今回は洗濯機上の空間の...

お片付けレシピ編集部
  |  159view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

縦にも横にも使える!パルプボードボックスは収納アイテムに...

お値段が安く、種類も豊富で、縦でも横でも活用できる「パルプボードボックス」が人気です。 さまざまなメーカーが「パルプボードボックス」を販売していますが、中でも無印良品の「パルプボードボックス」はかなりの優れもの。とても使える収納グッズだと定評があります。 無印良品の「パルプボードボックス」は、...

お片付けレシピ編集部
  |  774view
棚の中に入れると便利!組み合わせ自由なお片付けケース

整理収納小物ケースは非常に便利な収納ボックスです。どの部屋にもこのケースさえあればお片付けが簡単にできます。サイズや形もたくさん揃っているので、狭い場所や広い場所の収納も自由自在です。

お片付けレシピ編集部
  |  1626view
ぶつかっても倒れない!子ども目線の安心で選ぶなら壁面収納

子ども部屋のインテリアに頭を悩ませている方も少なくないはずです。成長するにしたがい、子どもの好みも出てきますし、デスクなどの高さも変わってきます。そのため、一時しのぎで家具や収納を選んでしまいがちです。しかし子どものうちからお片付けの習慣をつけさせるためにも、吟味して選ぶことが大切なポイントにな...

お片付けレシピ編集部
  |  228view
棚が動くだけでレイアウトも掃除も楽々!あなどれないキャス...

理想的な片づけの基本は、取り出しやすく、仕舞いやすいということです。どんなにきちんと片づけても、いったん取り出したら、仕舞うのが面倒になってしまうような収納方法なら、ついつい出しっぱなしになってしまうことも多くなってしまいます。 そこで活躍するのがキャスター付の収納や家具です。重たい家具でも、...

お片付けレシピ編集部
  |  390view
工事ナシでお部屋をリフォームしたかのような変化を加えるレ...

年末の大掃除などのときには、いくら片づけても結局また散らかる、物が多すぎて収納できない、といった悩みが出てくることも多いようです。また、生活スタイルの変化で、新たに部屋が必要となることもあります。収納たっぷりにリフォームしたい、部屋を増やしたい、と思っても、大がかりなリフォームは、お金がかかりす...

お片付けレシピ編集部
  |  620view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント