お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/09/11 10:00

整理収納アドバイザーの整頓テクニックは「見える」化がポイント

232view|0clip | 2017/09/11 10:00 投稿者 お片付けレシピ編集部

整理収納アドバイザーについてご存知ですか?

整理収納アドバイザーとはハウスキーピング協会の整理と収納に関した資格のひとつです。整理整頓が上手にできることで、どこかにいってしまったモノを探す時間が省けたり、重複して同じモノを買うことがなくなったり、気持ち的にもスッキリできます。
整理収納アドバイザーによるモノを整理する上でのポイントは、「見える」化です。
今回は整理収納アドバイザーが整理する上で大切だという、モノを見えるようにするテクニックをご紹介したいと思います。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179008278 )

タンスやクローゼットの中はどう整頓しています?

タンスやクローゼットの中身はどう整頓していますか?
モノを整理整頓するはいいけど、それはいつも見えるところにありますか?
押入れの中の奥深くにダンボールの箱で眠ってしまっているものなどはありませんか?

ダンボールに入っている2年以上使っていない服などはまず捨ててしまいましょう。そして必要な服を仕分けして、収納する際には透明なケースに入れて何が入っているかラベリングをしておくといざ着るときになっても迷う必要がありません。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161015156 )

ひとめで分かるように

服をケースに入れるときも重ならないようにケースの間にブックエンドを入れて直せば上から見てどの服なのかひと目でわかります。タオル類などは仕切りつきのバスケットに丸めて立てて入れておくことで出しやすく、見分けやすくなります。
仕切りが足りない場合は仕切り版だけでも100円ショップなどで売っているので手軽に買えます。

キッチンでは

キッチンでは粉ものの調味料やスパイスなどを細身のバスケットに入れておけばキッチン回りもスッキリとし、上からでも見やすく、取り出しやすくなります。在庫の管理もできるので同じモノを2つ買うこともなくなります。

調理用品などはキッチンに可能な限り吊っておくことも在庫を把握するテクニックのひとつです。こうすることによって料理するときも使いやすくなります。

文房具の散らばり

文房具などもついあちこちに散らばってしまうのではないでしょうか。そんなときにモノを定物定位できるようにひとつひとつのモノに場所を与えてあげる必要があります。文房具などはアクリルケースや引き出しに入れて整頓することが多いので、その場所に電卓は電卓の大きさで、輪ゴムは輪ゴムの大きさで仕切ったりすることでその場所に決まったものを置かなくてはいけないと自分で意識します。これも片づけには有効なテクニックのひとつです。

カインズの「ハンドル付き収納バスケット仕切り付き」はハンドル付きで取りだしやすい、カラーボックスのサイズにもピッタリなバスケットです。モノがバスケットの中で混ざらないように分割できる仕切りもついています。

モノが見えることで時間にもお金にも無駄がなくなります。
整理収納アドバイザーの整頓テクニック、一度試されてみてはいかがでしょうか。

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

「カラーボックス×カゴ」で簡単に引き出しが作れる! NEW!

カラーボックスは、どこにでもあるありふれた家具なので、味気なく感じ、インテリアショップに行っても素通りしてはいませんか? しかし、カラーボックスをアレンジしたら、様々な使い方ができて、とても便利なのです。カラーボックスはあなどれません。

お片付けレシピ編集部
  |  48view
おこのみで積み重ね・組み合わせ可能な収納ケースは可能性無... NEW!

キッチンで使用するスパイス瓶やカトラリーなどのこまごまとしたものは、片づけに困るアイテムのひとつです。とくにキッチンの棚の中や、引き出しの中などの間仕切りのない収納スペースは、キッチン周りで使用するものをポンポンと入れてしまいがち。気がつくとゴチャゴチャになってしまうことも……使いたい時に、使いた...

お片付けレシピ編集部
  |  29view
棚が動くだけでレイアウトも掃除も楽々!あなどれないキャス... NEW!

理想的な片づけの基本は、取り出しやすく、仕舞いやすいということです。どんなにきちんと片づけても、いったん取り出したら、仕舞うのが面倒になってしまうような収納方法なら、ついつい出しっぱなしになってしまうことも多くなってしまいます。 そこで活躍するのがキャスター付の収納や家具です。重たい家具でも、...

お片付けレシピ編集部
  |  64view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

買ったけど食べなかった…なんてことがないように!キッチンの...

皆さんのご自宅のキッチンは使い勝手がよくきちんと片づけられ整理整頓されていますか? キッチンは調理器具、調味料、食器、食材、洗剤、スットック品などあらゆる種類のものが多く集まる場所です。これらの収納には本当に悩まされます。 食事の支度などで一日に何回も利用し、使用時間も長いので、なるべく使い勝...

お片付けレシピ編集部
  |  169view
実用性最大かつ生活感最小!整理収納アドバイザーのレイアウ...

どうせ片づけるのなら生活感は出さずに、いつ人が来ても綺麗と思われるのが理想ですよね。 しかし綺麗に片づけたはいいものの、普段よく使うものなどを奥に入れすぎていざ使おうと思ったときにすぐに取り出せないというのも不便さを感じます。 そこで今回は整理収納アドバイザーが実践している、生活感を無くしつつ...

お片付けレシピ編集部
  |  167view
文具もカトラリーもピッタリ収まる!棚の使いやすさをアップ...

ペン等の文具類に、スプーンやフォークと言ったカトラリーの収納は意外とやりにくいものです。何か使いやすさも良くてスッキリと収納できるものは無いのかと言う悩みはよく聞かれます。そんな文具類やカトラリーには収納トレーを使ってみましょう。スッキリ収納はもちろんですが、どこに何が有るのかも一目で分かるので...

お片付けレシピ編集部
  |  215view
片づけづらいベルトは「ベルトハンガー」でクローゼットにス...

片づけづらいものの一つにベルトがありますが、どのように収納をするのがスッキリとまとまるのでしょうか? ベルトをそのまま置くと言うのはクローゼットの中が散らかってしまいます。そんな片づけづらいベルトにはベルトハンガーでの収納がおすすめです。沢山のベルトをスッキリと収納できるので、クローゼットのゴチ...

お片付けレシピ編集部
  |  79view
「ハーフシェルフ」で棚の外側のスペースもフル活用しよう!

片づけが苦手な方に共通しているのが、デッドスペースをうまく活用していないというところです。 とりあえず全てのものを収納できるための棚を購入しても、ふと数ヶ月後に周りを見回すと、収納できていないものが散乱している……そんな方は要注意!買い足した棚に満足して片づけじょうずになったつもりでも、実は思...

お片付けレシピ編集部
  |  156view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント