お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/09/14 4:26

ネクタイを畳まずに吊るすと見やすい!便利すぎるネクタイハンガー

103view|0clip | 2017/09/14 4:26 投稿者 お片付けレシピ編集部

日々の収納の際に困りがちなのが、ネクタイの収納方法ではないでしょうか?
本数が増えると意外とかさばってしまうし、ハンガーに吊るす方法が一般的ですが、やはりズルズルと落ちてしまう……

けっこうやっかいなアイテムです。

イメージ

美しくネクタイを収納する方法は、主に2通り

シワにならずに美しくネクタイを収納する方法は、主に2通りあります。

まずは、ハンガーを使わずにクルクルと丸めて収納してしまう方法。デパートの陳列などでもなじみ深い収納方法です。
棚を開くだけでパッとネクタイが見えますので、毎日ネクタイを選ぶには非常に有効ですが、生地が重なってしまうためにシワや傷がついてしまう可能性があります。ですが、毎日ネクタイを使用する方にはスペースを有効活用して収納できますので、ネクタイの本数が多い方にはオススメの収納方法です。

タンスなどの棚の中を間仕切りできる板は、最近では100円均一ショップなどでも手軽に購入できます。こちらを活用して、本数が多くなってしまったネクタイを収納してみてはいかがでしょうか。

イメージ

一番手軽な「吊るす」という収納方法

また、もうひとつの収納は、一番手軽な「吊るす」という方法です。

ハンガーにネクタイを吊るす方法は一番手軽で便利ですし、シワも伸びやすくなります。これなら男性の方でもカンタンにできますので便利ではないでしょうか。

最近ではコンパクトにネクタイを収納できるハンガーもたくさん販売されています。クローゼットを開いた時にネクタイがズラリと吊るされていますので、毎朝のコーディネートも楽になります。

ですが「吊るす」ということで、ネクタイ自体の重みにより、ネクタイが伸びてしまうというデメリットもあります。
シルク製のネクタイは吊るして収納、伸縮性のあるウールやコットン、ニット素材などは、クルクルと丸めて収納することをオススメします。

イメージ

ポイントは「選びやすく、取り出しやすい」こと

多くのメーカーから販売されているネクタイハンガーなどの便利グッズの中で選ぶポイントは
「選びやすく、取り出しやすい」
ということ。
ネクタイをかける部分に適度な太さがあり、しっかりとネクタイを支えてくれるものが良いでしょう。

また、ネクタイがずり落ちないように滑り止めが施さているところもポイントです。ツルツルとしたシルク製のものが多いネクタイは、滑り止め加工がされていないハンガーですとすぐに落ちてしまいます。

「ネクタイハンガークロス 20本掛け」は、左右のネクタイ掛け部を動かすと、ネクタイを選びやすく、取り出しやすくなります。回転フックをクルっとまわせば逆転して、季節ごとに分けておくにも便利になっています。たたんだ状態でもクローゼットでかさばりません。

こちらは「カインズ」のオンラインショップでも紹介・販売されています。
ネクタイ収納の強い味方として、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

毎日の通勤で唯一のおしゃれができるネクタイ。
毎日キレイに収納して美しく保つことで、毎朝のネクタイ選びがより楽しくなるでしょう。

イメージ

出典元: ネクタイハンガークロス 20本掛け ( http://www.cainz.com/shop/g/g4973228165782/ )

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

「カラーボックス×カゴ」で簡単に引き出しが作れる! NEW!

カラーボックスは、どこにでもあるありふれた家具なので、味気なく感じ、インテリアショップに行っても素通りしてはいませんか? しかし、カラーボックスをアレンジしたら、様々な使い方ができて、とても便利なのです。カラーボックスはあなどれません。

お片付けレシピ編集部
  |  48view
おこのみで積み重ね・組み合わせ可能な収納ケースは可能性無... NEW!

キッチンで使用するスパイス瓶やカトラリーなどのこまごまとしたものは、片づけに困るアイテムのひとつです。とくにキッチンの棚の中や、引き出しの中などの間仕切りのない収納スペースは、キッチン周りで使用するものをポンポンと入れてしまいがち。気がつくとゴチャゴチャになってしまうことも……使いたい時に、使いた...

お片付けレシピ編集部
  |  30view
棚が動くだけでレイアウトも掃除も楽々!あなどれないキャス... NEW!

理想的な片づけの基本は、取り出しやすく、仕舞いやすいということです。どんなにきちんと片づけても、いったん取り出したら、仕舞うのが面倒になってしまうような収納方法なら、ついつい出しっぱなしになってしまうことも多くなってしまいます。 そこで活躍するのがキャスター付の収納や家具です。重たい家具でも、...

お片付けレシピ編集部
  |  65view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

片づけづらいベルトは「ベルトハンガー」でクローゼットにス...

片づけづらいものの一つにベルトがありますが、どのように収納をするのがスッキリとまとまるのでしょうか? ベルトをそのまま置くと言うのはクローゼットの中が散らかってしまいます。そんな片づけづらいベルトにはベルトハンガーでの収納がおすすめです。沢山のベルトをスッキリと収納できるので、クローゼットのゴチ...

お片付けレシピ編集部
  |  79view
意外と盲点になりがちな収納テクニック「吊るす」を実践して...

キッチンには調味料や調理道具がたくさんあり、それらの片づけに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。 なんでも出しっぱなしにしていては見栄えが悪いけれど、かといって毎日頻繁に使う道具をすべて引き出しや棚にしまい込んでしまうと、出し入れに手間がかかり、実用的ではありません。 キッチンの収納...

お片付けレシピ編集部
  |  201view
帽子もクローゼットにかけられる!型くずれの不安を解消して...

冬のときに使うマフラー、帽子、春物のスカーフ、夏物の帽子、季節が移れば当然身につけるものが変わり、衣替えが必要となります。そのときに困るのが、場所をとってしまいがちな小物の収納についてです。 しかしそんな悩みを解決してくれるのがサークルハンガーという便利グッズです。サークルハンガーはその名前の...

お片付けレシピ編集部
  |  178view
棒1本分のスペースがあれば衣服は更に整理できる!ポールハン...

みなさんは、帰宅後、身に付けていたコートや帽子などの小物類はどのように整理していますか? 帰宅後はすぐにクローゼットに収納しているという人でも、コートが雨で濡れているとなると、そうはいきません。少し乾かしてからしまおうと、とりあえず椅子の背にかけていたり、ソファにそのまま置いていたりする場合が...

お片付けレシピ編集部
  |  296view
状況に応じて増改築可能なスチールラックが便利すぎる!

皆さんのご自宅はスッキリと整理整頓できていますか? お部屋の収納スペースが足りず、物が片付けきれないとお悩みの方もいるでしょう。整理整頓に困ったとき、家具を購入する前にスチールラックの購入を検討される方はとても多いと思います。 家具は値段も高いですし、家具を一度購入してしまうとそのスペースにし...

お片付けレシピ編集部
  |  192view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント