お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/07/07 11:00

お米や野菜のしっかりしながら取り出しやすい勝手の良い収納をするには?

214view|0clip | 2017/07/07 11:00 投稿者 お片付けレシピ編集部

キッチンの中でごちゃごちゃとしやすい食材の収納に関して、今回は使い勝手の良い、片づけやすい収納方法をご紹介します。
優れものの収納グッズを駆使して機能的な収納方法を見つけられれば、キッチンもスッキリと美しく整います。
毎日の小さなストレスをため込まずに、ご紹介していく方法を参考にしてみてください。

イメージ

見直すことが大切

まずは、お米の収納方法のアイディアについてです。
お米をまとめて購入される方には、もってこいの収納術となります。
それは、10キロのお米がまるごと入るホームセンターなどで売られている大き目の米びつに収納してしまう方法なのです。

コンロやシンク下には湿度や温度が高いために入れないことをおススメします。
戸棚や引き出しなど、取り出しやすい場所に入れておくことがポイントです。

また、ほうろう容器にお米を入れて野菜室に収納しておくのも、劣化しにくいためにおススメの方法です。
密閉ができて持ち手がついているために、取り出しやすさも抜群です。
また、お米の使う量が毎回決まっているのなら、ジップロックに入れておくのも一つの方法と言えます。

イメージ

出典元: カインズ 袋のまま米びつ 10kg ( http://www.cainz.com/shop/g/g4936695752329/ )

野菜の保存

その他に、野菜の収納アイディアをご紹介していきます。
風通しが良く中身が見える場所に収納することがポイントです。箱は、浅めのものでワゴンなどの下収納に入れておけば、足元の邪魔にもなりません。

次に、傷みやすく日持ちが短い葉物野菜や、茎野菜の収納アイディアに関して書いていきます。
葉物野菜の基本の保存方法は、立てて収納することです。
湿らせた新聞紙でくるみ、できれば立たせた状態で収納することがおススメなのです。
他にも、ゆでてしっかりと水を切って冷凍保存する方法もあります。
冷蔵保存より、冷凍保存の方が日持ちはするのですが、食感は冷凍保存は劣ります。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017000873 )

野菜を干して保存するというアイディア

最近巷で話題の干し野菜という保存方法があります。
長持ちするという利点もあれば、味が凝縮してさらにおいしくなるという魅力があります。
干し野菜を楽しむ方法としては、約半日ほど日向に干すというだけなのです。

食べきる目安としては、冷蔵庫保存だと5日ほどで食べきるということです。
楽しめる野菜は様々で、大根やニンジンなどの根菜類はもちろんのこと、白菜やトマト、きのこ類も美味しく頂けるのでおススメです。
葉物は1枚ずつ、根菜類は数ミリから1センチの輪切りにして干してください。
湿度の高い日に関しては、カビてしまうのでカラッと晴れた日に行うことがポイントとなります。

お米と野菜の収納で気を付けるポイント

やはり、野菜やお米の収納保存には湿度や温度に十分に気を付けるということがポイントになります。
米びつなどもライフスタイルに合わせて選び、風通しの良いところを選ぶことをおススメします。

賢く保存で美味しく長持ち

今回は、お米や野菜の収納保存に関して書いていきました。
まとめると、ちょっとした工夫とひと手間で随分変わってくることがわかりました。
しっかり保存して美味しく頂くということは、節約にもつながります。ぜひ、試してみてください。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161016809 )

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント