お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/08/09 16:50

片付けができないあなたへ贈る!ヤル気が湧き出す名言

343view|0clip | 2017/08/09 16:50 投稿者 お片付けレシピ編集部

片づけが進まない、収納ができない、そういう方の中にはそもそも片づけに対して「ヤル気」がでないケースがありませんか?

そんな時にはヤル気が湧き出す名言を思い出してはいかがでしょうか。今回は片付けの参考になる名言をご紹介いたします。

イメージ

役に立たないもの美しいと思わないものを家に置いてはならない

ウィリアム・モリスの名言です。

ウィリアム・モリスは19世紀のイギリス人で、詩人であり、デザイナーです。特に「モダンデザインの父」とも呼ばれ、近代の商業デザインに大きな影響を与えています。

さて、「役に立たないもの」「美しいと思わないもの」をそもそも置いてはいけないとは、逆にいうと自分にとって「役に立つもの」「美しいと思うもの」をそろえるということですね。
自分のお気に入ったものであれば愛着も湧きますし、片付けにしてもヤル気が出るのではないでしょうか。
片付けができないという行為は、ある意味でそのものに対して興味がないからです。ぜひ興味を持っているもの優先的に身の回りにおいてみてください。

イメージ

家の中を整理することは、自分自身を整理すること

カレン・キングストンの名言です。

カレン・キングストンの著作は片づけマニアの間ではバイブルと化しています。この言葉は彼女の著作「ガラクタ捨てれば自分が見える」の中に出てきます。
この一冊は世界的ベストセラーにもなっていますから、知っている方もいるのではないでしょうか。

著者は風水の研究家ですから少々独自の思想も展開されています。
風水の考え方は環境が運勢にまで影響を及ぼすということです。ですからハッピーを呼び込む整理整頓と考えれば、俄然ヤル気がでてきませんか。

「あとで」はガラクタの最良の友だち

ピーター・ウォルシュの名言です。皮肉を交えた言葉ですね。
「あとで」や「できない」という前に片づけることが大切ですが、なかなかできないのが人間。
ピーター・ウォルシュはオーストラリア出身の整理整頓コンサルタントで、現在はアメリカで生活オーガナイザーとして活躍しています。生活オーガナイザーとは整理収納アドバイザーのようなものです。この著者の本も欧米では人気があるようで、日本でも「どうしても片づけられないあなたへ 不要なモノを捨てて豊かに暮らすための簡単な方法」という一冊が好評を博しています。

この名言には補足が必要です。著書の中でピーター・ウォルシュは片づけは「モノ」や「やり方」の問題ではなく、理想的な暮らしを意識しているかどうか、ということが重要だと言っています。
理想的な暮らしをイメージしてみる、そこから始めると今必要なものや幸せになるものの区分けができますね。

イメージ

最後に

わずかですが、片づけのヤル気を出す名言をご紹介しました。
まだまだ名言はありますので、自分の心にストンと落ちるような言葉を探してみてはいかがでしょうか。
名言でなくても、自分なりにヤル気の出るワードがあると、片づけや収納にも積極的になります。

イメージ

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント