お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/07/04 12:00

夏こそ大掃除!?暑い夏の片づけで役に立つおすすめグッズ

192view|1clip | 2017/07/04 12:00 投稿者 お片付けレシピ編集部

大掃除と聞くと年末をイメージされる方がほとんどだと思います。
ところが意外にも大掃除は気温が高い夏にやるのがベストなのをご存知でしょうか?

猛暑の中、汗を垂れ流しながら大掃除をするなんて、考えただけでもドッと疲れてしまいます。でも事実、夏の気温の高さのおかげで頑固についてしまっている汚れが取れやすくなります。そして夏は日照時間も長いので、お掃除には最適な季節なのです。
さらに、夏の間に大掃除を終えておけば、1年で最も忙しい年末にすべき事が1つ減るので、時間的・精神的余裕がうまれます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272000074 )

夏の大掃除で活用できるおすすめの便利グッズ

夏の大掃除で活用できるおすすめの便利グッズをご紹介します。

1.キッチン
キッチンの油汚れは、熱に反応して落ちやすくなるので、夏の高い室温を利用します。レンジフードの掃除の時も、クーラーをつけないでやると汚れが落ちやすいです。
便利グッズは、洗剤・キッチンペーパー・ラップ・布切れなどです。レンジフードに直接洗剤をつけ、その上にキッチンペーパーを貼り、その上をラップで覆います。
しばらくおいてから、布切れでふけば汚れが良く取れます。
コンロ周りは油がよくはねるので、キッチンツールや調味料などはおかず、引き出しや棚に収納するのをおすすめします。

イメージ

2.浴室

夏は室内も高温になるので、水はけがよくなります。お風呂の窓を開け、換気扇をまわしながらお掃除してください。
浴室の天井の汚れは、室温が高いほうが取れやすく、また高い室温を利用して乾かしましょう。

便利グッズは、クエン酸・使用済み歯ブラシ・布切れ・雑巾などです。雑巾でクエン酸を溶かした水に入れて絞り、天井をふきます。四隅は歯ブラシを使うと汚れが取れやすいです。
最後に天井に付いている洗剤と水分をしっかりと拭いてキレイに仕上げてください。

3.窓まわり

日照時間が長い夏は大掃除に最適です。夕方でも太陽の光で明るいので、窓掃除の際に細かいところまでよく見え、お掃除がしやすいです。
便利グッズは、はけ・掃除機・スクイジーなどです。
窓の冊子のレール部分の汚れをはけで掻き出し、掃除機ですいとります。
窓ガラスは水拭きしてから、スクイジーで水をきります。水分が四隅に残りやすいのでしっかりと拭いてください。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272000094 )

いかがでしたか?
夏に大掃除をすると聞いて驚かれたかもしれませんが、気温が高く日照時間の長い夏は、意外にもピッタリの季節なのです。

夏に大掃除をしてしまえば、何も慌ただしい年末にやらなくてすみ、忙しいはずの年末に少し余裕もできますよ。
是非お試しください。

イメージ

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント