整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載、暮らしの収納やかたづけ情報サイト

整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/06/14 14:30

シワになりやすいマフラーやスト-ルの収納にはこんなアイデアがあった!

237view|1clip | 2017/06/14 14:30 投稿者 お片付けレシピ編集部

寒い季節には欠かせないマフラーやストールの収納方法は皆さんはどのようにされていますか?

普段使いができて色々なシーンに活躍することから1枚ではなく何種類かお持ちの方が多いのではないでしょうか。
この、ストールやマフラーが薄手のものでもあればあるほど嵩んでしまい収納場所に困るということがあります。

そこで今回は、シワになりやすいストールやマフラーの収納アイディアについてまとめました。

イメージ

やっぱり大事な、見つけやすさ

お出かけする前に、今日身に着けていこうと考えていたストールやマフラーはどこにとあわててしまったり探すことに手間取ってしまったりすることはないでしょうか。
理想は、さっと見つけて短時間で身に着けるということです。

コーディネートにつけたすアイテムなので、すぐに見つけられるよう「見つけやすさと取り出しやすさ」は、収納する際に大切なことになります。

そこで、メインの洋服と同じように「かける収納と入れる収納」の2通りの専用スペースを作ってみると、すっきりとします。

「かける収納」とは

アイディアの一つとしてハンガーを使って吊り下げる方法があります。

例えばマフラー・ストールはクローゼットにかけて収めましょう。格段に探しやすくなります。
洋服と同じ空間に吊り下げて収納しますのでコーディネートのイメージもつきやすいことになります。

通常のハンガーに横並びにかけるのももちろん多目的ハンガーやズボンハンガーなど、ご自宅の収納スペースにあったものを探す楽しみもあります。


イメージ

また、マフラーやストールは突っ張り棒などを活用しましょう。ポールでも結構です。
ハンガーに収納しきれないものをハンガー代わりに突っ張り棒やポールが使えます。
吊り下げてみて、色や柄がすぐ分かる利点とすぐに手に取れるという利点があります。

かけたあと、下の部分を緩く結ぶと絡み防止になります。
クローゼットがいっぱいなら部屋のデットスペースをS字フックや突っ張り棒で利用します。
さらに、S字フックなら引っ掛けて収納できます。

イメージ

出典元: カインズ マインラック用S字フック(3個入) ( http://www.cainz.com/shop/g/g4936695652216/ )

「入れる収納」とは

クローゼットにかけるほどの量ではない場合あるいはしまうと取り出すのが面倒な場合は、入れ物を用意して丸めて置いておく収納も目で見て楽しめるのでおススメです。

まず、普段使いのマフラーやストールに関してであれば取り出しやすい場所にあった方がいいです。
クルクル丸めて、カゴやバスケットに入れてみても便利です。
また、省スペースの収納の方がいいという方におススメなのが100均などでも手に入る箱型書類ケースに収納してみる方法です。
マフラーやストールを筒状になるように巻いて、並べるだけできれいに収納できます。

他にも、大量に管理する場合は引き出し収納するという方法もあります。
丸めて立てて入れれば、下のものが取り出せない、折りじわがつくという悩みも吹き飛んでしまいます。
また、ホコリを防げるのでオフシーズンでもそのままの収納で大丈夫です。

イメージ

収納次第でマフラーやストールは使いやすさが違ってくる

いかがでしたでしょうか。
コーディネートのワンポイントとして欠かせないアイテムのストールやマフラーですがつい雑にしまってしまうからこそ、根本の方法を今一度見直してみてください。

収納の方法次第で、毎日の洋服のコーディネートにさらに取り入れやすいアイテムの一つになるでしょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161018676 )

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント