×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/06/13 15:30

たたみ方を変えれば収納スペースも増える!収納の基本はたたみ方にある!

お片付けレシピ編集部
199view|1clip | 2017/06/13 15:30

洋服の収納に悩まれている方はとても多いと思います。
洋服といっても、下着や靴下、トップス、ワンピース、スカート、ズボンなど、アイテム数が多く、形やサイズも異なります。

成長と共に、また時代と共にその数もどんどん増えていくので、スッキリと整理整頓して収納するのはとても難しいです。

洋服の収納は、家事の悩みでも常に上位にランクインしています。
そこで、洋服のたたみ方や収納についてのコツをご紹介します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10521001471 )

立てて収納するためのたたみ方

洋服を収納する際に気を付けたい事は、洋服のたたみ方と立てて収納するということです。

普通のたたみ方では、立てて収納した時に折れ曲がって、せっかくたたんだ洋服がぐにゃっとなってしまいます。
色々なやり方がありますが、ここでは一例をご紹介します。

洋服を広げ、身頃を1/3くらいに折り、袖を下に折ります。
反対側も同様にします。
それを今度は収納スペースに合わせて3~4つ折りにします。
綺麗にたためると洋服自体が自立するのです。

ちょっとしたことですが、たたみ方を統一するだけで、空きスペースが増えて取り出しやすくなるので、試してみる価値はあると思います。

立てて収納するメリット

「立てて収納」することもとても重要です。

綺麗にたたんだ洋服をただ単にタンスなどに収納しただけでは、引き出しの下にどんな洋服が入っているか分からなくなり、しまいにはタンスの肥やしになってしまうかもしれません。
せっかくお気に入りで買った洋服も、出番を迎えることなく、季節が終わってしまったら悲しすぎます。

またせっかくタンスを設置しているのにきちんと活用されていなければ、タンスのスペースも無駄遣いしていると言わざるを得なくなります。
立てて収納するメリットは大きく3つあります。

イメージ

1)取り出しやすいさ
洋服を探す時間も短く済み、決めた洋服を1枚スムーズに取り出せます。

2)所有している洋服を把握しやすい
ついつい同じような色や柄の物を購入してしまうなどの無駄遣いがなくなります。

3)タンスの肥やしの減少
全ての洋服を必要か不要か再確認してから立てて収納することで、長い間着ていないなどの洋服がないようにします。

仕切って見やすく収納するのがポイント

収納の方法にも少しコツがあります。
引き出し内にプラスチックケースや突っ張り棒で仕切りを作ります。
そして洋服の種類ごとに縦に並べ、収納する時は1番奥にいれ、取り出す時は手前から出します。
これによって、手持ちの洋服が一目瞭然で、ローテンションも出来ます。

いかがでしたか?
どんどん増える洋服の収納に悩んでいる方は、気になる!これなら出来そう!などと思えるものがありましたら、どこか1ヶ所のスペースからでも実践してみてください。
たたみ方を変えるだけでも、その変化に気づくと思います。

イメージ
クリップブックの作成

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

※ログイン時に「シェア」や「ツイート」をするとポイントが加算されます。

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント

関連おすすめ記事