整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/05/30 4:23

不用品の処分を快く出来るようになる4つの方法

560view|0clip | 2017/05/30 4:23 投稿者 お片付けレシピ編集部

片付けの第一歩は当然のことながら、まずは整理するところからはじまります。
整理の意味は乱れたものを整え、不要なものを捨てるということです。

ところが、整理が終わって出てきた不要なものの山を前にしても、迷ってしまってなかなか処分できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まだ使えるもの、思い出のあるもの、高かったものなどは、処分する時にどうしてもためらってしまいます。
それではどんどんいらないものがたまってしまいます。

おうちを掃除してきて出てきた要らなくなったもの、これをどのように気持ち良く処理するのかが今日のポイントになります。

イメージ

不用品を快く処分する4つの方法

1.必要としている人にあげる

まずは身近な人に需要がないか尋ねてみましょう。

家族・親せき・友達・近所・知り合いに、自分の不用品を必要としている人が案外隠れているかもしれません。

自分のものが知り合いの手に渡って使ってもらえることが実感できれば、自分自身も安心できます。

2.寄付する

自分にとっては不要なものでも、それを必要としている団体はいくつもあります。

たとえば「国際社会支援推進会 ワールドギフト」など、不用品を通して世界の子どもたちを救えるような団体がたくさん存在しているので、それを通して国際支援に参加するのも良いでしょう。

3.回収してもらう

いらなくなった衣類などは、リサイクルショップで買い取ってもらったり、フリーマーケットで売ったりして再利用してもらいましょう。

不用品の回収業者も多数存在していますので、大きなものなどは是非相談してみましょう。

イメージ

4.リサイクルに出す

ご存知の通りリサイクルとは、既に商品として出来上がっているものを分解し、新しく原料として使用することです。
一番身近なエコ活動でしょう。

スーパーの牛乳パックから携帯電話、パソコンなどの家電製品まで、案外リサイクルできるものはあります。
一度捨てる前にどうしても廃棄しなければいけないかどうかをもう一度考えましょう。

それでも捨てなければいけないときは、ゴミの分別に気をつけてください。


イメージ

いかがでしたでしょうか。

このようにみてみると

「自分の不要なもの」=「他人にとって必要なもの」

である可能性が大いにあると感じられたのではないでしょうか。

今までゴミで全て出してしまっていた人も、自分の不用品で、身近なところから世界にまで役立てられると思えば、意識も少し変わるのではないかと思います。

これらの方法をとれば、不用品を処分することが、ネガティブには感じられませんね。
これからは不用品の未来のことも少し考えて、気持ちよく片付け・処分が出来るように工夫してみてください。

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント