整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2015/04/27 0:00

トッププロのお片付け講座
【Vol.27】早めにはじめる大掃除のコツ

3089view|0clip | 2015/04/27 0:00 投稿者 井ノ上志保美

「大掃除」を早めに始めて、お家の中をキレイにリセット!

大掃除といえば、家族の一大イベントです。 12月に入ると通常の仕事や家事に加え年末の行事や年賀状などのするべき事が沢山あり、頭も体も忙しくなります。さらに、気温も水温も低くなり汚れも固まり、落ちにくい状態に なり、体にも負担がかかります。 同じ“する”ならば、今年は早めの大掃除にとりかかり、お家をキレイにリセットして年末は心も体もゆとりを持って気持ち良く新年を迎えてみませんか?


【効率の良い大掃除のコツ】
1. 大掃除の計画プランを立てる
img1

①「整理する」「掃除する」場所を決める。
いつも、「整理したい」、「掃除しよう」と思っている場所はどこですか?
※「整理しない場所」「掃除しない場所」を決める。

②「場所」の内容と時間を決める。
・時間はどれだけかけ時間がとれるのか?
・どこまでするのかを決める。
例えば
  トイレは、いつもキレイに掃除できているから、換気扇だけにする。
  リビングダイニングの整理は先月したから、掃除だけにする。
などと、大まかに決めておきましょう。

③「場所」ごとの担当を決める。
・一人でするのか?家族で分担するのか?を決める。

④リビングに予定表を貼る。
・場所・内容・時間・担当を記入する。 目で見てわかる事で、家族全員が大掃除の情報の共有ができる。

①「整理する」「掃除する」場所を決める。
いつも、「整理したい」、「掃除しよう」と思っている場所はどこですか?
※「整理しない場所」「掃除しない場所」を決める。

②「場所」の内容と時間を決める。
・時間はどれだけかけ時間がとれるのか?
・どこまでするのかを決める。
例えば
  トイレは、いつもキレイに掃除できているから、換気扇だけにする。
  リビングダイニングの整理は先月したから、掃除だけにする。
などと、大まかに決めておきましょう。

③「場所」ごとの担当を決める。
・一人でするのか?家族で分担するのか?を決める。

④リビングに予定表を貼る。
・場所・内容・時間・担当を記入する。 目で見てわかる事で、家族全員が大掃除の情報の共有ができる。

img2
【大掃除のプラン】*参考例・・・週末タイプ】
1. 大掃除の計画プランを立てる

※家族で分担すると時間が短縮できます。
※ご自身や家族の予定を考えて無理のない計画を立てましょう。
※時間を意識する事も効率良く大掃除する上で大切なポイントです。

img3

img4

2. 整理から始めよう

まずは、掃除の前にモノの整理からとりかかりましょう。
整理する事で、お部屋の空間が広くなりモノが片付くと掃除がしやすくなります。

①整理をしよう!

img5

こんなモノお家にありませんか?

こんなモノお家にありませんか?

・なんとなく置いてあるモノ
・とりあえず置いているモノ
・何年も使ってないモノ
・消費期限が切れているモノ
・壊れたモノ
・好みでないモノ

整理したい場所からカテゴリー別に分類しながら全部出す
整理すると・忘れていたモノ・探していたモノ・壊れていたモノが出てきます。
要らないモノを取り除きカテゴリーごとにまとめる。
空間をカテゴリーごとに分類して、奥には、あまり使わないモノ、手前には、良く使うモノを配置。
使用頻度に合わせて収納する。

整理のウォーミングアップとして、冷蔵庫や食品庫からはじめてみましょう。
「食品」には消費期限があるので、整理する時に迷わず判断ができます。

img6

中の食品を全部出す

img7

期限切れの食品を処分します


整理したい場所からカテゴリー別に分類しながら全部出す
整理すると・忘れていたモノ・探していたモノ・壊れていたモノが出てきます。
要らないモノを取り除きカテゴリーごとにまとめる。
空間をカテゴリーごとに分類して、奥には、あまり使わないモノ、手前には、良く使うモノを配置。
使用頻度に合わせて収納する。

整理のウォーミングアップとして、冷蔵庫や食品庫からはじめてみましょう。
「食品」には消費期限があるので、整理する時に迷わず判断ができます。

img8

中の食品を全部出す

img9

期限切れの食品を処分します

続いて倉庫や押し入れの整理へと進むと、片付けがスムーズに行えます。
それは、家の中のモノを整理すると、必ず一時保管が必要だからです。

img10 img11
img12

全部出す

img13
img14 img15

収納にゆとりのスペースができ、何が
何処にあるのかがわかるように!

img16

中が空=お掃除のタイミング。
棚面をキレイに拭きます

img17
img18
img19

全部出す

img20
img21

収納にゆとりのスペースができ、何が何処にあるのかがわかるように!

img22
img23

中が空=お掃除のタイミング。棚面をキレイに拭きます

②処分する・・・ゴミ日を確認しておく
整理後にゴミを出そうと思っていても収集日に間に合わず、ゴミ出し出来ずに新年を迎える事がないように収集日のチェックをしておきましょう。※粗大ごみの予約も手配をしておきましょう。

img24

処分する不要品は、分別を行い、ゴミ袋に入れておきましょう。

img25

粗大ごみの予約も忘れずに手配をしておきます。


img26

処分する不要品は、分別を行い、ゴミ袋に入れておきましょう。

img27

粗大ごみの予約も忘れずに手配をしておきます。

3. 必要な道具と洗剤を確認して揃える

①道具はまとめてスタンバイ!
 必要な道具や洗剤は、掃除をする前に全て揃えてから始めましょう。
 始めてから「あれがない」と探しに行ったりするムダな時間をなくしましょう。

img28

・ハタキは、傘ケースに収納
・お掃除道具セットは、「キッチン水回りセット」と「窓セット」に分けて バケツに収納※四角いタイプのバケツは、収納時にピッタリ収まって くれます。もちろん、バケツとしても利用できます。
・雑巾は、10枚~20枚程度用意しておきましょう。
・ゴミ袋の用意も忘れずに!

img29

・ハタキは、傘ケースに収納
・お掃除道具セットは、「キッチン水回りセット」と「窓セット」に分けて バケツに収納※四角いタイプのバケツは、収納時にピッタリ収まって くれます。もちろん、バケツとしても利用できます。
・雑巾は、10枚~20枚程度用意しておきましょう。
・ゴミ袋の用意も忘れずに!

②洗剤は汚れに合わせて選びましょう。
 洗剤選びのポイントは「液性」です。手持ちの洗剤の裏面に表示がありますのでご確認ください。
 アルカリ性の洗剤・・・油汚れ
 酸性の洗剤・・・水アカ・石鹸カス
 中性洗剤 ・・・手垢・軽い汚れ
 また、汚れの状態により、カビ取り剤・クレンザー(研磨剤)があると良いです。

img30

※汚れ落ちの比較
同じ汚れのキッチン換気扇フィルターの汚れ落ち実験を3種の洗剤で実施してみました。
(左:重層,中央:セスキ炭酸ソーダ,右:キッチン換気扇専用洗剤)左から徐々に洗浄力が高くなります。同じアルカリ洗剤でも、汚れの分解する速度の違いが分かります。汚れの状態で選ぶと良いです。 環境に優しい「セスキ炭酸ソーダ」はスーパーなどでも手にはいります。 アルカリ性洗剤なので、油汚れをスッキリと落としてくれます。
※洗剤は、製品により変色などおこる事もあります。必ず注意書を読んでから使用しましょう。

※汚れ落ちの比較
同じ汚れのキッチン換気扇フィルターの汚れ落ち実験を3種の洗剤で実施してみました。
  (左:重層,中央:セスキ炭酸ソーダ,右:キッチン換気扇専用洗剤)左から徐々に洗浄力が高くなります。同じアルカリ洗剤でも、汚れの分解する速度の違いが分かります。汚れの状態で選ぶと良いです。 環境に優しい「セスキ炭酸ソーダ」はスーパーなどでも手にはいります。 アルカリ性洗剤なので、油汚れをスッキリと落としてくれます。
※洗剤は、製品により変色などおこる事もあります。必ず注意書を読んでから使用しましょう。

img31
img32
4. お掃除のポイント
お掃除する時は、窓を2か所以上開けて換気しましょう。
①上から下
img33

ホコリ落としは
天井→照明→壁→家具
上から下へとお掃除していきます。

ハタキは、伸縮性のあるタイプが大掃除で活躍します。
小物やテレビの裏などの細かい所にはハケタイプと使い分けると効率良いです。
建具や、小物などの細かい部分には、ハケが活躍します。

img34

ホコリ落としは天井→照明→壁→家具上から下へとお掃除していきます。

img35

ハタキは、伸縮性のあるタイプが大掃除で活躍します。
小物やテレビの裏などの細かい所にはハケタイプと使い分けると効率良いです。
建具や、小物などの細かい部分には、ハケが活躍します。

img36
②外から中
img37

窓のお掃除は「外から中」に外側の汚れが圧倒的に多いので外側から始めましょう。

掃除は「外から中」に外側の汚れが圧倒的に多いので外側から始めましょう。

img38
③乾いた汚れは、そのまま処理する

網戸・窓のレールなどの乾いた汚れは、濡らさずそのまま落す。

img39

網戸

img40

窓のレール


img41

網戸

img42

窓のレール

早めにはじめる大掃除の一番のポイントは
大掃除を「いつ」「どこを」「何時~何時」までと決めたら「実行」する事です。

④時間と温度を活用する

キッチンの換気扇などの溜めてしまった汚れは、お湯の温度と漬け置き時間を利用する。

img43

頑固な油汚れは、お湯で 漬け置きすると汚れが落ち やすくなります。

img44

換気扇のドラムは、バケツで漬け置き。コンロの大きな五徳は45? のビニール袋に入れ漬け込む。 ※ビニールの口は結ぶ


頑固な油汚れは、お湯で 漬け置きすると汚れが落ち やすくなります。

img45

換気扇のドラムは、バケツで漬け置き。コンロの大きな五徳は45? のビニール袋に入れ漬け込む。 ※ビニールの口は結ぶ

img46
⑤外せるモノは、外す
img47

ここに、ホコリとカビが溜まっています。

カバーを外すことで内部の溜まった汚れの掃除ができます。
設備のもつ本来の機能が発揮できます。

一般的に外せるものは...
 ・キッチン換気扇
 ・お風呂換気扇・浴槽前面パネル(エプロン)
 ・トイレ換気扇・トイレ便座など
  (設備の取扱説明書を確認して行ってくさい。)

換気扇をキレイにすると、良いうわさが流れるそうですよ♪

カバーを外すことで内部の溜まった汚れの掃除ができます。
設備のもつ本来の機能が発揮できます。

一般的に外せるものは...
 ・キッチン換気扇
 ・お風呂換気扇・浴槽前面パネル(エプロン)
 ・トイレ換気扇・トイレ便座など
  (設備の取扱説明書を確認して行ってくさい。)

換気扇をキレイにすると、良いうわさが流れるそうですよ♪

img48

ここに、ホコリとカビが溜まっています。

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント