整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/05/25 5:57

ツナ缶をリメイクして可愛い仕切りで分類分けする収納テクニック!

145view|0clip | 2017/05/25 5:57 投稿者 お片付けレシピ編集部

ツナ缶を収納に使うと聞いたら驚かれるかもしれませんね。
実は、日常的に見かけるあのツナ缶は、工夫次第でとっても便利な収納グッズに変身するんですよ。

イメージ

ツナ缶が収納グッズとして優秀なわけ

ツナ缶はプルタブで開けるものがほとんど。
缶切りを使わないので切り口もギザギザにならなくてきれいなので、利用するための加工が最低限ですみます。

また、お店で売られている時から、同じ大きさの缶が三、四個セットで売られています。
たくさん同じ大きさのものが揃いやすいので、整理整頓に適しています。

ツナを料理でよく使う家庭ではいくらでも手に入るので、収納したいものが増えたときでも何も買い足すことなく対応することができます。

どうやってツナ缶を収納グッズに変身させるか

まずは、怪我しないように切り口をテープなどで保護します。
可愛いテープだとそれだけでおしゃれです。
もっと凝るんだったらペイントや、百均のDIYグッズなど活用したり、ボディをマスキングテープなどでデコるのもオススメです。

小さい子どもさんがいたりして、切り口がどうしても心配なら、紙やすりなどで丸めれば安心です。

イメージ

ツナ缶収納の活躍シーン

きれいな空き箱を手に入れたら、中に並べたツナ缶を間仕切りとして使えば、それだけでオリジナルの収納グッズのできあがりです。
箱だけではなく、引き出しの仕切りにもできます。

重ねて収納することもできるので、あまり場所をとらずにデスクやキッチン周りをスッキリさせられます。
他にも色々なシーンで活用できます。

コレクションを分類して収納

箸置きや、シールや、消しゴムなどの小物など、コレクションを保管するのにも適しています。
フタがないので、自然に見せる収納になり、自慢のアイテムをディスプレイしてくれます。

引き出しの中の小物や文具整理にどうぞ

クリップ、輪ゴム、画鋲など散らかりがちな引き出しの中に、ツナ缶を並べておくだけで途端に分類がはかどります。
丸いツナ缶は四角い箱と違ってそれぞれの缶の間に隙間が空くので、空間に余裕ができて見た目もおしゃれです。

イメージ

DIYグッズの収納

日曜大工やDIYなどが好きでしたら、釘やネジなど種類別の収納にもツナ缶が活かせますね。
分類や収納に便利なのはもちろん、もともと捨てる缶だから傷や汚れに神経質にならず、気楽に使えるのも嬉しいですね。


今までは使い終わったら洗って捨てるだけだったツナ缶がこんなに使えるグッズに変身するんだったら、これから捨てるのがもったいなくなりそうですね。

イメージ

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント