整理収納、片づけのアイデア暮らしの収納やかたづけ情報サイト

整理収納、片づけのアイデア
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

イメージ

イメージ

2014/11/04 0:00

トッププロのお片付け講座
【Vol.11】クローゼット収納のコツ
山田玲子|34471view|0クリップブック フェイスブック

着ていない洋服がたくさんある、いつか着るから、痩せたら着るから、たくさん洋服を持っているのに着る服がない!
気が付けば、いつの間にか『着ない服でパンパンのクローゼット』そして『いつも着る服は色んな所にウロウロ』というお声も、お聞きします。
毎日のコーディネートが短時間で、お洒落が楽しくなるクローゼット収納のコツをアドバイスいたします。

クローゼットの整理収納のコツ

img01

クローゼットの中には何がありますか?
まず最初に洋服、洋服以外のモノ、クローゼットになくても良いモノなどに分けてみましょう。

洋服

ジャケット、スカート、パンツ、ブラウス、Tシャツなどアイテム別に分ける
アイテム別に分けた中で

  • スカート
  • 〇 今 着ている →収納
  • ? 3年以上着ていない →リサイクルショップ、リメイク、譲る、処分
  • まだ着るかもしれない →イツまで取っておくか決める(保管)
  • △の洋服はハンガーに目印を付けたり、覚えやすい収納場所にしまいましょう。
  • ● 思い出いっぱい捨てられない →思い出箱を作る(思い出箱に入る分しか保管しない)

※洋服を必要・不必要に分ける際には、どんな洋服をどれだけ持っているか、ご自身が1着1着に手で触れてみて、痛んだ所がないか、肌ざわり等をチェックしてみて下さい。
そして、最大のポイントは今の自分に似合っているかどうか!その為には『着てみる』事!今の体型に合っているかサイズの確認、老けて見えないか若すぎて見えないか、太って見えたり痩せ過ぎて見えたり、顔映りはどうか、まず『着てみる』事で『今、着るのか、手放すのかを判断する事』が出来ます。

ワンポイント

1. コーディネートをしやすく

img07

その日のコーディネートが短時間で完成するように、クローゼットの前に立てば『上から下までコーディネートが出来る』収納を目指しましょう。

コーディネートをする為や着て行った服の埃を払う時のブラシ掛けの時など、一時的に掛けるフックを用意しておくと便利です。(写真1)

ベルトやバックはかける収納で、選びやすさとスペース節約できます。(写真2)

アクセサリーやベルトは予めコーディネートする洋服と一緒にかけておくと時間短縮が狙えます。(写真3)

img08

2. ハンガーを揃える、丈を揃える

クローゼットを開けた時の見た目が美しいと洋服選びも楽しくなります。
また取り出しやすく、元に戻しやすくなり、洋服のシワや型崩れも防ぐ事が出来ます。

img09

3. 自分ルール作り

img10

1枚購入したら1枚処分すると言う事が出来なくても、3枚買ったら1枚見直す。
このハンガーにかかる分だけ、この箱に入るだけ、この引き出しに入る分だけと『自分が守れるルール作り』もポイントです。
処分などを検討している洋服は、ハンガーにリボンなどで目印を付けておくと忘れずに見直す事が出来ます。

4. 一時置き場作り

ジャケット、カーデイガンなど一回着ただけでは洗わない、クローゼットにしまえない洋服は『一時置き場』を作りましょう。
薄めの箱や短いパイプハンガー等を利用して、一時置き場に洋服が溜まり過ぎて、新しいクローゼットにならない為に意識しておきましょう。

5. モノに合った収納用品

img11

・長期保管収納用
・普段使用収納用
選ぶ基準は深さや奥行きです。たくさん入るからと深さや奥行きがある収納用品を買ってしまうと、下のモノが取り出し難い、奥のモノが取り出し難い、しまい難くくなり、着なくなる可能性が高いです。
またクローゼットの折れ戸や扉のサイズを考慮した収納用品のサイズ選びが大切です。必ず収納場所のサイズを測って収納用品は購入しましょう。

img12

クローゼットの折れ戸や扉のサイズを考慮した収納用品の選びが大切。収納場所のサイズ、収納用品のサイズは必ず計測する。

6. 全身チェック

コーディネートが出来上がったら、全身が映る鏡でチェックしましょう。 他の人から見た第三者の目線でチェックする事も出来て、お出かけに自信が持てます。

7. 私の洋服のコーディネートと歴史

img13

お気に入りのコーディネートは写真に撮り、クローゼットの裏扉などに貼っておきましょう。
迷った時に参考にすれば、お出かけの準備も短時間で出来ますし、もしその洋服を手放した後も見返す事が出来ます。

クリップブックの作成

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

※ログイン時に「シェア」や「ツイート」をするとポイントが加算されます。

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント

関連おすすめ記事