整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載、暮らしの収納やかたづけ情報サイト

整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2017/05/18 5:31

「住まいの4S」って何?コレさえ守ればお家は常にキレイに保てる!

403view|1clip | 2017/05/18 5:31 投稿者 お片付けレシピ編集部
イメージ

今回は「住まいの4S」をご紹介します。
「住まいの4S」さえ守ればお家は常にキレイに保てます。

職場環境づくりのために行われる「4S」を、家庭にも

「4S(よんえす)」というコトバがあります。

これは、整理(Seiri)、整頓(Seiton)、清掃(Seisou)、清潔(Seiketsu)の4つの頭文字を表すフレーズで、企業や会社で取り入れられている安全で健康的な職場づくりを目指すスローガンのことです。
しつけ(Shitsuke)を足して「5S」とも言われます。

おもに、製造業やサービス業の現場で行われていることなのですが、「4S」を徹底することで、職場環境をより快適で安全なものにしたり、生産性や品質の向上を図ったりすることができると言われています。

そんな「4S」ですが、当然ながら、家庭の中にも取り込むことができます。
というよりも、家庭生活を営む上での「片付けの基本」であるといってもよいかもしれません。

整理・整頓・清掃・清潔――これらを片付けのための考え方や行動のベースにすることで、快適&衛生的な住まい作りができることでしょう。

常にキレイを保てる理想的な暮らしって、シンプルな基本さえ守れば、魔法のように実現可能なものなのです。

イメージ

「4S」を住まいに当てはめるためにできること

それでは、それぞれのフレーズを具体的に見ていきましょう。
「整理」は、必要なものと不要なものに区別し、不要なものを取り除く、あるいは処分することです。

「整頓」は、決められた場所に必要なものを配置し、いつでもだれでも必要な時に必要なだけ容易に取り出せるようにしておくことです。

「清掃」は、ゴミ、ホコリ、チリ、ヨゴレを取り除いたり、片づけたりしてキレイにすることです。

「清潔」は、ゴミやヨゴレをキレイに取った状態を維持し続けることです。

「4S」を守るためのコツは、まずは「意識すること」

普段から「4S」すべてを意識して生活している方もいるかもしれません。
また、「清掃」は得意だけれど「整頓」は苦手、もしくはその逆で「整理・整頓」はマメにするけれど「清掃」はテキトーになりがちという方もいると思われます。

あるいは、気分の乗った時はとことん実施するけれど、日々維持し続けることがなかなか出来ない、ムラがあるという方も
いるかもしれません。

もちろん、得手不得手があって当然かもしれませんが、「4S」をまずは意識するところから始めてみると簡単です。

とっても覚えやすいフレーズですし、紙に書いて冷蔵庫のドアなどに貼っておくのもよいかもしれませんね。

毎日見たり、意識したりすることで「4S」を少しずつマインドや行動面に浸透させていくこともできることでしょう。

ここまで「住まいの4S」についてご紹介してきました。
聞きなれない言葉だったかもしれませんが、「住まいの4S」とは、平たく言うと、家の中に必要なものだけがあり、必要なものが決まった場所に置いてあり、必要なものがいつでも清潔な状態であるようにキープすることです。

それは同時に、住む人の安全や健康を守り、気持ちよく、楽しく暮らしていくための「鉄板」のノウハウでもあるのです。

イメージ

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント